テトスへの手紙

1 神に属すイエス・救世主キリストに送られし使徒、パウロより。

私が預かった使命は、神に選ばれた者たちが、イエスとの信頼を深め、イエスの教えを理解してもらうことで、神がかった人生を歩んでもらうことだ。

2 それは偽りなき神が、時の始まる前から約束した永遠の命エターナルライフにもとづいた人生。

3 神が最善の時に最高な知らせゴスペルを公表し、我らの救世主、神からこの知らせを授かり、すべての人に知らせるようにと命じられた。

4 これをテトスにつづる。同じものを信じるおまえは、実の息子同然だ。

父なる神と救世主キリスト・イエスより恵みと平和が注がれんことを。

クレテ島でのテトスの任務

5 おまえをクレテ島に残したのは、遂行すいこうすべき任務を全うしてもらうためだ。そう、すべての町に牧師を任命するんだ。

6 その人はとても評判がよく、非の打ちどころがなく、妻に一途いちずで、その子どもは神に忠実でなければならない。反抗的、あるいは、乱暴な子どもを持つ親はよしなさい。

7 すべての主任牧師は、神の家族の世話と指導をする責任があるため、過ちを犯していると分かっている人であってはならない。頑固な人、短気な人、酔っ払い、けんか好き、金で動くような人であってはならない。

8 主任牧師は、人々を家に歓迎する人でなければならない。また、善を愛し、賢明に正しく生きる人間でなければならない。神が望むことを求め、自制心の備わった者でなければならない。

9 また、我々が教えた真理から絶対にずれない律義りちぎな人間でなければならない。このまっすぐで健全な教えが人を力づけ、この教えに反対する人が間違っていることがはっきりする。

10 いいか、これが重要なのは、神が与えた権威を見下す人がいるからだ。彼らは無意味な意見をぶつけて人を真理から遠ざける。特にユダヤ人のイエスの従者クリスチャンにこういう人がいる。

そのほとんどは掟に固執こしつするユダヤ人たちだ。

11 彼らを絶対に止めろ。金目的で、だめなことを教える彼らのせいで多くの家庭が崩壊した。

12 同じクレテ島の預言者でさえこう告げた――

「クレテ島の人間は嘘つきのケダモノ。

なまけ者の食いしんぼう。」

13 まさにこの預言者の言うとおりだ。そんな人たちを甘やかさず、強く鋭く変わる必要があることを伝えるんだ。それもこれも彼らの信仰に対する理解が健康になり、強くなるためだ。

14 また、彼らの無意味な作り話に耳を貸すこともなくなる。

真理から離れた人たちがす掟に従うのをやめなさい。

15 頭も心も純粋な人には、すべてが純粋だ。しかし、罪で心の曲がった者には、すべてが曲がって見える。彼らの考えや良心は汚染されているのだ。

16 そういう連中は、口先では神を知っていると言うが、行いを見れば一目瞭然いちもくりょうぜん。彼らの腐った心に神は吐き気をしている。神に反抗し、どんな善をしても無駄だ。

教会の世代・男女別指導法

1 しかし、テトス。おまえが信じる者クリスチャンたちへ真理に合った歩みを指導しなければならない。

2 年配男性には、

尊敬に値する自制心とかしこい生き方を示すこと。つまり、健康で強い神への信仰、周りへの愛、そして、諦めない姿勢を持つこと。

3 年配女性には、

神に称賛を集めるような、王・イエスに仕える者らしい生き方をすること。

陰口を叩かず、酒に溺れず、良き教師であること。

4 そうすれば、年配女性が若い女性の指導にあたれる。

女性には、

夫や子どもへ愛を示すこと。 5 ふるまい方に気を使い、結婚外での性行為もなく、家庭を切り盛りし、進んで優しく夫に仕えること。そうすれば、誰も神の教えをけなさない。

6 青年には、

前文の人同様、すべての面で賢明であるよう指導するように。

7 おまえが真理を真心から、真剣に教え、彼らの良いお手本となるのだ。 そして、 8 真理から全くずれないように話しなさい。そうすれば、突っかかってくる者は非の打ちどころのない教えに、教会へ口出しできずに恥をかいて終了だ。

9 奴隷には、

主人へ口答えせず、主人の得を願って、すべての面で忠実に一生懸命働くこと。 10 主人のモノを盗まず、いつも信頼に値する人間であると示すこと。そうすれば、その立派な態度に影響され、人々は救世主である神の教えに惹かれるからだ。

神への恩が神に従いたくなる理由

11 我々は以上のように生きるべし!すべての人を救う神の恵みが来たのだから!

12 神の恵みに鍛えられ、自己中心的な生き方とおさらばできた。欲のままに生きる生活から足を洗い、日々、神を敬う正しく賢明な生活を送れるようになったのだ。

13 イエス・救世主キリストが戻ってくるという最高な祝福を待ち望むのだ!

14 過ちに捕らわれ、身動きの取れなかった私たちのためにイエスは死んで救ってくれた。私たちを、イエス“のみ”に属し、神と人のために生きたくてたまらない者にするためだ。

15 以上のことを指導するように。励まし、感化し、誤っていれば、正せ。これらすべてをする権限がおまえにある。おまえの話を聞かなくてもいいだなんて思わせることがないように。

真理を伝える使命

1 支配者や国家の権限に進んで従い、あらゆる善をなす心構えを持っていることの大切さを教会みんなへ再認識させるんだ。 2 悪口を言わず、誰とでも仲良く平和に。誰にでも礼儀正しく親切にするよう指導するんだ。

3 私たちも一度は愚かに神に反してきた。誰でも昔はさまざまな快楽や欲望の奴隷として生きていた。嫉妬心から冷たくしたり、憎んだり、憎まれたりと神に反してアホなことをしたもんだ。

4 しかし、救い主である神は、私たちに対する愛と情けの深さを示しに来てくれた。

5 神は、私たちの罪のよごれを洗い落とし、以前の悪循環から救い出してくれた。そのおかげで神の霊ホーリースピリットが生まれ変わったような無上の喜びで新たな人生を満たしてくれた。私たちに救われる資格があったからではなく、ただ、神の情けがあって実現した。

6 イエス・救世主キリストのおかげで、

神は神の霊ホーリースピリットを豊かに与え、

7 神の恵みのおかげで、過ちから解放され、

神の養子ようしとなり、永遠の命エターナルライフの希望まで与えられた。

8 この教えは動かぬ真実であり、どれだけ重要なのかを明白に伝えるんだ。そのとき、神を信じる人は、意識的に人生を社会や人のために使うようになる。

9 しょうもない議論にふけったり、神学論争に巻き込まれたりしたらいけない。掟や家系についての議論をしてくるような人は避けろ。そんなものは、誰の役にもたたない。

10 このような分裂の種になる人を忠告し、正すんだ。二度忠告してなお、変わらないのならきっぱり縁を切れ。 11 そんな人は真理から離れている。忠告されても過ちを犯すのだから、自分で自分の過ちを証明しているのだ。

最後の指示

12 アルテマスかテキコをそちらによこす。到着次第、おまえはできるだけ早く私とおち合うために都市ニコポリへ出発するんだ。私はそこで冬を過ごすことにしてある―― 【都市ニコポリはエピルス州の西海岸に位置する都市】

13 弁護士ゼナスとアポロの長旅に必要なものが全て備わるよう、出来る限り援助えんじょしてくれ。

14 それにより、イエスの信者クリスチャン一同がおまえから助け合う姿勢を学ぶだろう。助けを要する人間への接し方をおまえから学べば、周りの人へさらに良いインパクトをもたらすことだろう。

15 こちらにいるみんながおまえと友人のみんなによろしくとのこと。

神の恵みがおまえたちと共にあらんことを。

パウロより