ピリピ教会への手紙

あいさつ

1 イエス・救世主キリストの奴隷であるパウロと混血のテモテから、ピリピ教会の牧師とスタッフ、およびイエスの信者クリスチャンの皆さんへ。

2 父なる神と王なるイエス・救世主キリストより恵まれ、平和があるように。

パウロの感謝と祈り

3 みんなを想うだけで神への感謝でいっぱいになり、

4 みんなのために祈れば喜びでいっぱいになる。

5 わたしがそちらで最高な知らせゴスペルを広め、あなたがたが初めて聞いた日から、今日この日まで全力で協力してくれていることを心から感謝している。

6 みんなの間で良い働きを始めた神は、それを成長させ続け、やがてイエス・救世主キリストが戻る日に、有終の美を飾ってくれると信じている。

7 みんなをよく知っているから分かる。

私が牢獄にいる間も、最高な知らせゴスペルが神からのもので間違いないことを証明し、伝えるうえで、私がしっかりと恵みにしがみつけたのも、神がみんなを使ってくれたからだ。

8 イエス・救世主キリストのように私もみんなを愛している。私がどれだけみんなに会いたがっているかは、神が知っている。

9 私が神へ捧げるみんなのための祈りはこうだ。

愛と知恵と悟りとが、どれもすくすく成長し、 10 何が重要でそうでないかの優先順位が分かるように。救世主キリストが戻る日に備え、非の打ちどころのない純粋な心を持つように。 11 イエス・救世主キリストに頼ることで生まれる良い実を多く結び、さらなる注目と称賛が神に集まるように。

試練さえ味方についた

12 兄弟姉妹よ。

知っておいてほしいことがある。それは、私の身にふりかかった災難のおかげで最高な知らせゴスペルが急速に広まっているという事実だ!

13 周囲の人たちはみな、兵営にいる兵士に至るまで、私が、ただイエスの信者クリスチャンであるというだけの理由で投獄されていることを知っている。

14 また、私が投獄されたことで、ほとんどのイエスの信者クリスチャンがイエスをさらに信頼し、ますます大胆に最高な知らせゴスペルを広めている。

15 もっとも、中には、神が私をこのように役立ててくれるのをねたんで、最高な知らせゴスペルを広めている人もいる。彼らは、私以上に注目されたいのだ。

また、人を助けたい純粋な動機から広めている人もいる。

16 愛につき動かされている彼らは知っている。神から最高な知らせゴスペルを伝える任務が私に与えられたということを。

17 ところが、自己中な動機で動いている別の人たちは、自分たちの成功によって、獄中にある私がねたむと思って伝えている。

18 しかし、どのような動機からであれ、救世主キリストについて広められているのは事実であり、私はそれが純粋に嬉しい。

19 なぜなら、みんなの祈りや、神の霊ホーリースピリットの助けによって、このことがすべて私の益となると、わかっているからだ。

20 というのも、恥じることはなにひとつもない熱心な希望をいだいて生きているからだ。

私は死ぬまでできるだけ多くの称賛を救世主キリストに集めるために生きる。

生死にかかわろうが、私は変わらず救世主キリストを自由に大胆に語り続ける!

21 なぜなら、私は救世主キリストのために生きており、死ぬことは、なおさらいいからだ。

22 しかし、生きているからこそ、人を救世主キリストに導けるとすれば、生と死のどちらがよいのか、よくわからない。

23 難しくはあるが、私は早くこの世を去って救世主キリストの元に行きたい。

そのほうが、比べものにならないほど幸せになれるからだ。

24 しかし、みんなを含め、私を必要としている人たちがいることも事実だ。

25 そう、私にはまだ、生きる使命がある。みんなに神と信頼を築く喜びをさらに知ってもらうために、もうしばらく生きながらえるだろう。

26 私がもう一度そちらに行くことができれば、みんなはイエス・救世主キリストが私を助けたことを大喜びして誇るだろう!

27 しかし、たとえ私の身にどんなことが降りかかろうと、救世主キリストが与えてくれた最高な知らせゴスペルが注目されるような、立派な生き方をするんだ。

そうすれば、もう一度会えるにしても、会えないにしても、みんなについて、いつでもうれしい報告を聞けるだろう。

より多くの人が救世主キリストについての最高の知らせゴスペルを信じられるように、この1つの目的に心を合わせ、チームとして一致団結しているとね。

28 敵対する者を恐れるな。あなたがたが出るくいだから、いつかは打たれて人生を台無しにしすると彼らは思うだろう。だが、打たれるのは救われている証拠。そして敵は神に打たれて滅ぼされる。

29 神の祝福によってあなたがたは救世主キリストに仕えることができる。

ただ救世主キリストを信じるだけでなく、救世主キリストを代表することで苦しむ特権も与えられた。

30 私が向き合わなければならなかった苦難と、数々の問題の真っただ中にいる現状を聞いただろう。今こそあなたが向き合う番だ。打たれても打たれても出るくいになれ!

人を優先し、心を1つに

1 救世主キリストにどれだけのものを与えられたか考えてみてほしい。

どれだけ励まされたか、

どれだけ愛と安らぎを注いでくれたか、

神の霊ホーリースピリットを与えてくれ、

どれだけ、情けをかけ、親切にしてくれたか。

これほど祝福されたのだったら、 2 互いを愛し、心からうちとけ合い、心と思いと目的とを1つにして、私の気を晴らしておくれ。

3 何があっても、何をするにしても、自己中心的な思いや、プライドが動機にならないように。むしろ、謙虚に、他人を優先するんだ。

4 自分にとって何がベストかではなく、人にとって何がベストかを考えるんだ。

身分に捕らわれない姿勢

5 イエス・救世主キリストの考え方なのだから見習いなさい。

6 彼は神なのに、人の最善を思い、

神としての権利を要求したり、

それに執着したりはしなかった。

7 かえって、その偉大な力と

神という地位を捨てて、

奴隷の地位を受け入れ、

人間と同じように、

その生涯を歩んだ。

8 そればかりか、神のためにさらに腰を低くし、

まさに極悪人同様に、十字架上で殺されてまでも神に従った。

9 しかし、だからこそ、神はイエスの地位を頂点まで引き上げ、

どの名よりも最高の名を授けた。

10 それは、その名のもとに、

すべてのものが、天でも地上でも地下でもひざまずき、

11 すべての口が「イエス・救世主キリストが王だ」と告白し、

父なる神がほめたたえられるためだ。

救われた人の使命

12 愛する友よ。

私がそちらにいた時、みんなはいつも、私の教えに細心の注意をはらって従ってくれた。離れている今はなおさら、注意深く善行に励むんだ。

神は救ってあげた人に、教会家族との友好関係を築き続けることを当然求めている。これ以上に神を敬う方法はない!

13 神は人の心に働きかけ、従おうとする思いを起こし、神が望まれる行いができるように助けてくれる。

14 何事においても、文句を言ったり、理屈をこねたりしてはいけない。

15 それは、みんなが責めようのない無邪気な者となり、曲がった邪悪な時代の中にあって、傷のない神の子となるためだ。

人が住む闇の中で星のように輝き、 16 彼らに生命いのちを与える最高な知らせゴスペルを伝えるのだ。

そうすれば、救世主キリストが再び戻ってくる日、わたしが切り開き、走ってきた道は無駄ではなく、レースに勝利したと証明される!

17 みんなは、神を信頼しているからこそ人生を捧げる。

私もみんなと同じく、もしかしたら神のために血を流すことになるだろう。

そして、神のために死ねるなら本望。みなとこの喜びを分かちあおう!

18 喜ばしいことなのだから、みんなも一緒に喜んでくれ!―― 【ピリピ教会の最高責任者であるパウロがとらわれ、殺されそうになっていることを理由に教会が悲しんでいたのだろう。パウロは、こんな状況さえも喜ぶべきだと励ましている】

混血のテモテとエパフロデト

19 王・イエスが祝福してくれるなら、混血のテモテをそちらに送り、みんなが元気にやっているのか聞こうと思う。

20 混血のテモテほど親身になって、みんなのことを心配している人はいない。

21 ほかはみな、自分の人生に心を奪われ、イエス・救世主キリストの全体的な動きに興味がないようで残念だ。

22 だが知っての通り、混血のテモテは、まるで私の息子のように最高の知らせゴスペルを伝えるのを助けてくれた。

23 それで、獄中の私が次にどうなるかが決まり次第、すぐにでも混血のテモテを送るつもりだ。

24 私も、近いうちにイエス様がそちらを訪ねさせてくれると信じている。

25 それはさておき、エパフロデトを、みんなのもとに帰さなければならないと考えている。よくぞ、困っていた私を助けるために、エパフロデトをよこしてくれた。

彼と私は、血を分けた兄弟のように、手を取り合って働き、戦ってきた。

26 彼は、みんなが恋しくて、会える日を今か今かと待ちわびている。特に、自分が病気になったことをそちらに知られてひどく気にしている。

27 実際、危うく、いのちを落とすほどひどかった。しかし神は、エパフロデトはもちろん、“私をも”助けてくれた。私が悲しむ理由をこれ以上増やさないでくれたからだ。

28 それで、エパフロデトを帰してやりたいと、心から願っている。みんなが彼に会って感謝にあふれる姿が、目に浮かぶからだ。それは私にとっても嬉しいことであると同時に、肩の荷がおりる。

29 どうか彼を盛大に迎えてやってくれ。

エパフロデトのような男は敬われるべきだ。

30 彼はいのちがけで救世主キリストのために働き、私の力になろうと死ぬか生きるかの第一線で戦ってきた戦士。遠く離れたみんなに代わって、私へ尽くしてくれたのだから。

イエス・救世主キリスト以上のものはない

1 兄弟姉妹よ。

どんなことが起ころうと、イエス様がともにいることを喜びなさい。

何度も何度も同じことを言うのにためらいはない。

あなたのためだからだ!

2 問題しか起こさない野犬を警戒しろ。人の救い以上に己のやり方にこだわる悪人だ。

3 生まれや育ち、資格や経験など自分の力は、救いのあてにはならない。

神の霊ホーリースピリットを通して神を讃える私たちこそが救われた神の子!

いいか、イエスの信者クリスチャンが誇れることは、イエスの仲間であること以外ない。

4 万が一、私が自分の力を頼りに救われる可能性を感じても、それを頼ることは決してない。

そしてもし、自分を頼りに救われる理由があると自負する者がいれば教えてやれ。

そんな理由、私の経験と比べたらお粗末なもんよ。

5 生粋きっすいのユダヤ人として、由緒ゆいしょあるベニヤミン家系に生まれた私は、8日目に、ユダヤ人のしるしとしての儀式である、“割礼”を受けた。

つまり、だれにも引けを取らない、正真正銘のユダヤ人だ。

その上、掟を守る点にかけては、最もきびしいパリサイ派に属していた。

6 その熱心さは、教会を激しく迫害したほどだ。そして、ユダヤ教のささいな規則、掟も徹底的に従おうと、懸命に努力した―― 【自分の力で掟を守ることを重視するパリサイ派は、イエスがそれを否定しているように感じていた。クリスチャンを叩くことは神の為だとして、良い事だと思っていた】

7 しかし、以前価値があると思っていた人生のお飾りは、救世主キリストのおかげでメッキが剥がれ、無価値だと知った。

8 そう、我が王であるイエス・救世主キリストと関係を築く最高な特権と比べれば、他のものはみな色あせる。

私はイエスのためにすべてを捨てた。

それは、イエス以外のスタンダードがごみ同然だからだ。

今では、私にとって価値があるのは救世主キリストのみ。

9 救世主キリストを信じたから神と結ばれたのであって、善人だからではない。私の救世主キリストのみへの忠誠心を使って、神が結びつけてくれたんだ。

10 私は救世主キリストとさらに関係を築き、今でも彼を生き返らせた力を、身をもって体験すること以外何もいらない。

そして救世主キリストの痛みを分かち合い、できるだけ彼のようになりたい。それが死につながろうとも。

11 そして、私はいつか生き返る!

ゴールを目指せ!

12 なにも、自分が完全な人間になったと言っているわけではない。

これは一生の課題だ。イエス・救世主キリストが私を救ったのも、一生をかけて彼を目指してほしいからだ。

13 兄弟姉妹よ。私もまだまだイエスまではほど遠いと知っている。

私はただ、過去に捕らわれず、目の前の目標を達成するため全力前進している。

14 最終地点であるイエスを目指し、そこにある私の宝めがけて全力をあげているんだ!

それは神がイエス・救世主キリストをとおして私を天に呼びよせたからだ。

15 一人前のイエスの信者クリスチャンならこうあるべきだ。

もし何らかの点でこの考え方からずれているなら、神はきっと指摘してくれるだろう。

16 まだそこへ到達していなくても、受けとっている真理を歩み続けるのだ!

17 兄弟姉妹よ。みんなで私を見本にし、私を手本として生きる人から学べ!

18 というのは、今まで注意してきたとおり、イエスの信者クリスチャンと言いながら、救世主キリストの十字架に敵対している者が大ぜいいるからだ。

これを改めて注意しなければならない現状に涙を流さずにはいられない。

19 いいか、彼らの行き着く先は永遠の滅びだ。自分の欲望を神とし、恥じるべきことを誇っている。この世のことで頭がいっぱいなのだ。

20 しかし、私たちを治める政府は、天にある。我々が帰りを待つ救世主キリスト、王・イエスはそこにいる!

21 その日、私たちの土の体はイエスと同じように栄光輝く体を手に入れる。

すべての力という力を治めるイエスの権力でこれが実現される!

持つべき視点

1 愛する兄弟姉妹よ。

私はみんなにはやく会いたい。みんなは私の喜びであり、誇りだ。どうかいつまでも、私が伝えたとおりイエス様に従ってくれ。

2 ユウオデヤ婦人とスントケ婦人よ。お互いイエスの家族なんだ、仲直りして互いに平和を築くんだ。

3 私と律儀に働いてきた同志たちにお願いする。彼女たちはクレメンスとともに一生懸命になって、私が最高な知らせゴスペルを伝えることに協力してくれたのだから。

それに、<天国の書>に名を記されている人たちなのだから。

4 イエス様がともにいることをいつも喜べ!もう一度言おう。喜べ!

5 あなたがたが優しく、思いやりにあふれていることが誰からも認められるように。

イエス様の再臨さいりんは目前だ。

6 何事も心配するな。心配を祈りに変えるんだ。すでに持っているものに感謝したうえで神に願うのだ!

7 そうすれば、神が安心と自信を注ぎ、精神的に安定させてくれる。

それは、人の考え方では実現不可能なレベルの自信と安心だ。

8 さて、兄弟姉妹よ。

良いことに目をとめ、賛美したくなることばかり考えるんだ。

それは、真理、立派さ、正しさ、純粋さ、美しさ、そして、尊敬に値することだ。

9 私から学んだこと、その行動から教えられたことがあれば、みな実行しなさい。そうすれば、平和の神が、共にいてくれる。

贈り物への感謝

10 みんなが私のことをまた気にかけてくれるようになって、とても嬉しかったよ。

いつも、気にかけてくれていたのだろうが、遠くて支援のしようがなかったんだろう?

11 生活に困っていたから、こう言うわけではない。私は、豊富であろうとなかろうと、楽しく生きていくすべを知っている。

12 一文なしの時や何でもそろっている時の生きるいろはを。

満腹の時にも空腹の時にも、豊かな時にも貧しい時にも、どんな境遇きょうぐうでも満足する秘訣ひけつを身につけた。

13 なぜなら、力を与え、強めてくれる救世主キリストに助けられて、私は、神の要求を、何でも成し遂げることができるからだ。

14 しかし、それにしても、よくぞ今、困難な状況下にある私を助けてくれた。

15 知ってのとおり、最高な知らせゴスペルをたずさえ、初めてマケドニヤ地方を訪問した私は、みんなを含めた数々の教会を助けた。

しかし、他の地方に向かった時、贈り物を送って感謝を表してくれたのはピリピ教会だけだった。

16 港のみやこテサロニケ滞在中でさえ、二度も贈り物をよこし、祝福してくれた。

17 贈り物を感謝するのはもちろんのこと、何よりもうれしいのは、その親切な行いのゆえにみんなが受ける、豊かな報酬だ。

18 今のところ、必要な物は何でもそろっているどころか、必要以上だ。

それは、みんながエパフロデトに預けた贈り物のおかげだ。

その贈り物は、まるで神が喜んで受け入れてくれる、香ばしいかおりのお供え物。

19 私の神は、イエス・救世主キリストをとおし、自身の偉大な富の中から、みんなに必要なものをすべて与えてくれる。

20 栄光は永遠に父なる神のもの。

パウロより

21 追伸ついしん

そちらにいるイエスの信者クリスチャン全員によろしく伝えてくれ。

こちらの教会からもよろしくとのこと。

22 また、私と獄中にいるイエスの信者クリスチャン、特にカイザル帝王のもとで働く者たちがよろしくと言っている。

23 どうか王なるイエス・救世主キリストの恵みが一人一人と共にあるように。