ピレモンへの手紙

1 我々と共に戦う友、ピレモンへ。

イエス・救世主キリストのために投獄されたあなたの兄弟パウロと、混血のテモテより。

2 また、我らの姉妹アピヤと、悪魔と戦う同志アルキポ、それに、あなたの家に集まる教会みなさんへ。

3 我らの父、神とイエス・救世主キリストによる、偉大なる恵みと揺るがない安心が、みなさんと共にあるように。

パウロにとってのピレモン

4 ピレモン、あなたはいつも私の胸の内におり、あなたについて、いつも神に感謝している! 5 あなたの王・イエスに対する愛と忠誠心がすべての神の民クリスチャンに現れていることをよく耳にするからだ!

6 私たちの間で救世主キリストが起こしているすべての良い行いをよく知ってもらうことで、あなたの救世主キリストとの交わりがさらに深くなるように。

7 兄弟、あなたは神の民クリスチャンに愛を示し、強く力づけた!これには私も嬉しくてたまらないし、とっても励まされている!

役立ちのオネシモ

8 そんなあなたを見込んで頼む。救世主キリストにもらった権限を用いて命ずることもできるが、 9 あえてそうはしない。愛があなたの動機であってほしいからだ。イエス・救世主キリストのために獄中にあるこの老いぼれ、パウロからのお願いだ。

10 オネシモのためにそうしてやってくれ。実はな、私のいる牢獄でオネシモを我らの王が与えし新たな命へと導いてな。彼は今や私の息子同然なんだ。

11 昔は役立たずだったのかもしれない。だが、今では私とあなたにとっても、名のとおり役立つ男へと変貌へんぼうした。

12 まるで心が欠けるような思いだが、役立ちのオネシモをあなたのもとへ送り返す。

13 内心、役立ちのオネシモには、獄中で私が最高な知らせゴスペルを伝える力になってもらいたかった。彼の活躍は、主人であるあなたの活躍。

14 だから、あなたの同意なしで勝手をしたくなかった。だがもし、あなたが力になってくれるというのなら、それが私の命令ではなく、あなたの良心から生まれたものとなる。

15 こう考えてはどうだ。役立ちのオネシモが少しの間、逃亡していたのは、一生あなたの者として帰ってくるだけでなく、 16 奴隷よりも遥かに優れた弟として帰ってくるためだったと。少なからず、私にとってはそうだ。あなたにとって彼はそれ以上の関係だろう。一家を構成し、イエスを信じる同志になるのだから。

17 あなたが私との友好関係を大事にしてくれていることは百も承知。だからなおさら、あたかも私を迎えるかのように役立ちのオネシモを歓迎してやってくれ。

18 もし、彼が過去に何かしらの問題を犯したり、借りがあったりするようであれば、責任は一切私が負担する。

19 その保障として、私、パウロの自筆じひつでしたためる。

~役立ちのオネシモの借りは、すべて私が負うものとす~

また、あなたが私に負った一生の借りについても、一切言及しないと約束しよう―― 【ピレモンはパウロが伝え回ったおかげでイエスを信じたのだ】

20 というわけだ、兄弟。天の王に従う身として、私の“役立ち”になってくれ。それは、救世主キリスト一家の兄弟の私にとって、ものすごく心強い。

21 ピレモンならきっと頼みを聞くと分かったうえで、この手紙をつづっている。いや、あなたは頼んだ以上のことをする人だ。

22 また、私のための部屋を1つ用意しておいておくれ。神が“あなたがたの”祈りに応えて、私がみなさんを訪問できるように。

最後に

23 イエス・救世主キリストのために私と囚人になったエパフラスがよろしくとのこと。

24 また、共に戦うマルコ、アリスタルコ、デマス、Dr.ルカからもよろしくとのこと。

25 王・イエス・救世主キリストの恵みがみなさん1人1人と共にあるように。