ガラテヤ教会への手紙

あいさつ

1 使徒パウロより

私は何かの団体や人の権限によってではなく、王・イエス、そして彼を復活させた父さんより、任命された使徒であると断言しよう。

2 また、こちらにいる神の家族が、ガラテヤ教会のみなさんによろしくとのこと。

3 父さん、そして我らの王なるイエス・救世主キリストに目をかけられ、そのさちがみなさんにあらんこと。

4 イエスは、父さんの計画どおりに私たちの罪を着て死に、悪魔の支配から救い出してくれた。 5 そんな神がいついつまでも称賛の的でありつづけるように。

天国へ通じる最高な知らせゴスペル

6 みなさんは救世主キリストを通して救われたばかりだというのに、我々が伝えたイエスについて行くための道からはやくも足を踏み外し、今となっては全く別者の言葉を聞いているとはいったいどういうことだ。あまりの早さに驚きを隠し切れない。

7 救世主キリストについての真理をゆがめ、あなたがたを惑わしている人たちがいることは知っている。

あなたがたが耳にしている知らせは、最高の知らせゴスペルではなく、悪い知らせだ。

8 唯一の最高の知らせゴスペルを伝えたではないか。誰であれ、その最高の知らせゴスペルに関して何か付け加えをしようものなら、仮に私や天使であれども、神に呪われる。

9 もう一度言おう。だれであれ、みなさんが受け入れた最高な知らせゴスペルに反することや何か付け加えたものを教える人は神に呪われるように。

10 厳しいと思うか。ああ、私は彼らのように甘いことばやお世辞で、人気を得るつもりなど毛頭もうとうない。人気を得たいなら、救世主キリストの家来にはならん。人にではなく、神に認められるために、私は生きている。

パウロに与えられた神からの権威

11 兄弟姉妹、私がみなさんに伝えた最高な知らせゴスペルが、人の考えではないことを理解してもらいたい。

12 誰から教わったわけでもなく、指示されたわけでもない。私は、イエス・救世主キリストに示されたことを伝えているのだ。

13 私が以前、愛国的なユダヤ教徒であったことは、知っているだろう。彼らは伝統を崩す反逆者だと思っていたからこそ、容赦なく教会を迫害し、完全に壊滅させるのが目標だった。

14 先祖から受け継いだユダヤ教の生き方を守ることに関しては、同年代で私ほど熱心な人はいなかっただろう。

15 しかし、私が生まれる前から神は特別な計画を立ててくれていた。そう、神の恵みによって私は選ばれたのだ。

16 私は外国人に最高な知らせゴスペルを伝えるために神の一人子ひとりご、イエスに会い、その心を教えてもらった。だからこそ、すぐに、人に相談することもなく、伝えにでかけられたのだ。

17 私より前から使徒に任命されていた人の意見を聞きに、神殿のみやこエルサレムに戻ろうとはせず、アラビヤ州に行き、そのあとは商業都市ダマスコに戻った。

18 岩のペテロに会うためにエルサレムを訪問したのは実に3年後。そこで共に過ごしたのは、わずか15日間。

19 岩のペテロのほかに使徒には会っていない。会ったとすれば、王・イエスの弟、ヤコブくらいだ。

20 神はこれにうそ偽りがないことを知っている。

21 その後、私はシリヤ州とキリキヤ州に出かけた。

22 そのため、ユダヤ地方の教会は、私の顔さえ知らなかった。 23 知っていたのは、

「我々が信じる道をつぶす迫害将が、逆にその道を広めている」

という噂くらいだ。

24 それで彼らは、大きな敵を味方にした神の偉大さを讃えた。

パウロの正当性

1 それから14年がたち、私はもう一度、神殿のみやこエルサレムに上った。

その時は励ましのバルナバ、そしてテトスも同行させた。

2 このエルサレム行きは、神からの明確な指示に基づいたもので、私が外国人に伝えている道について、エルサレムのイエスの信者クリスチャンと話し合うのが、目的だった。

私は、教会の指導者たちと個人的に話し合った。

それは、私の教えてきた内容を、正しく理解してもらい、また、その正当性を認めてもらうため。さらには自分の働きを無駄にしたくなかったのだ。

3 彼らは、それを承認してくれたばかりでなく、私の仲間テトスも受け入れた。

テトスは外国人であったにもかかわらず、彼らはユダヤ人の掟に従うこと、すなわち割礼かつれいを強要しなかった―― 【割礼:男の生殖器の包皮の一部を切り取る儀式】

4 イエスの信者クリスチャンといいながら実際、そうでない連中がいるからこそ、注意しなさい。

彼らはまるでスパイのように教会に馴染み、イエス・救世主キリストに属すことで得た私たちの自由を、どうやったら奪えるか観察している。

私たちを奴隷のように従わせたいがために、なにが正しくてそうでないかと無駄に議論をしかけたがる。

5 しかし、外国人であるあなたたちに伝えられる、最高な知らせゴスペルが少しも曲げられることがないように私たちは、一切連中の話に耳を貸さなかった。

6 エルサレム教会のおもだった指導者たちも、私が伝え広めている内容に、何もつけ加えはしなかった。

つっこんで言うなら、彼らが偉い指導者であることが重要ではない。

神の前では、みな同等だからだ。

7 それどころか、彼らは、岩のペテロにユダヤ人へ最高の知らせゴスペルを伝える使命がゆだねられたように、私には外国人へ最高な知らせゴスペルを伝える使命がゆだねられていることを認めた。

8 神は“ユダヤ人の使徒”を務めるための力強い使命を岩のペテロに与え、

“外国人の使徒”を務める力強い使命を私に与えた。

9 教会の中枢ちゅうすうであるヤコブとペテロとヨハネは、私とバルナバがイエスに特務を与えられていることを認め、パートナーとなった。

彼らがユダヤ人に着目できるように、これからも私たちに外国人を任せてくれたのだ。

10 ただ1つ、貧しい人たちを援助することをいつも忘れないように、との申し出はあったが、そのことなら、私も熱心に努めてきたところだ。

岩のペテロを正す使徒パウロ

11 ところが、その岩のペテロが三大都市アンテオケに来た時、非常に誤った行動をとったので、私は面と向かって注意した。

12 岩のペテロは、初めのうち、割礼かつれいにもユダヤ教のさまざまな掟にも無縁である外国人のイエスの信者クリスチャンと一緒に食事をしていた。

ところが、あとからヤコブの友人であるユダヤ人たちが何人かやって来ると、彼らにとやかく言われるのを恐れ、外国人と食事をするのをやめてしまった。

そのユダヤ人たちは、掟を守ることを重んじる形式主義者で、救われるためには割礼かつれいを受けなければならない、と主張していたからだった。

13 すると、ほかのユダヤ人のイエスの信者クリスチャンも、まさに偽善であり、よくないと分かっているくせにペテロに流され、励ましのバルナバまでが流されてしまったのだ。

14 私はそれを見て、彼らが最高な知らせゴスペルの真理をつらぬいてないことを知った。

そこで、みんなを前にして岩のペテロに言った。

「あなたはユダヤ人だが、もうかなり前から、掟に束縛されずに生きてきたではないか。そのくせ、どうして急に、ここの外国人にそれを守らせようとする!

15 もちろんあなたも私も生まれながらのユダヤ人。私たちが無法者とみる外国人ではない―― 【ユダヤ人以外は神の掟を持っていなかったからこそ、ユダヤ人にそう呼ばれた】

16 だが、私たちユダヤ人であるイエスの信者クリスチャンだって、掟を守ったからではなく、ただ罪を取り除いてくれたイエス・救世主キリストを信頼することでのみ、神に認められたのではないか!

だから私たちもイエス・救世主キリストを信じたのだ。

それは、掟によってではなく、イエスへの信頼によって神に認められるため。

私がこう断言するのは、掟を守って救われる人など1人もいないからだ!

17 しかし、もし、救世主キリストと築いた関係に信頼をおく私たちが、あとになって、それは間違いだった、やっぱり掟を守らなければ救われない、仮にそうなったとしたらどうなる?

救世主キリストを信じたおかげで、意味もなくさんざんな目に会ったことになるわけだ。

そう言うわけで掟の代わりに救世主キリストに従う事で外国人の罪人だと思われるなら、それでよし。しかしながら救世主キリストは私たちを過ちに導いているなんて、ありえない話なのだ!

18 だが、もし前に破棄された掟を守ることで救われようとする道をひき直そうとするなら、それこそ立派な罪だ!

19 私は掟によってルールの下敷きになっていた。

私は神のために生きるため、救世主キリストと共に十字架にかかり、心を縛っていた掟は死んだ。

20 もはや、私の中にあった我心がしんが死に、救世主キリストに与えられた心が生き生きしているのだ。

私の心が生きているのはただ、忠実な神の一人子ひとりごが私を愛し、身を捧げてくれたおかげだ。

21 私は、神の恵みである救世主キリストの死をムダにはしない。

もし私たちが、掟を守ることで救われることができるのなら、救世主キリストは無駄死にだ!」

掟ではなく信仰で救われる

1 ガラテヤ教会、気でも狂ったか?

まるで魔法にかけられているようではないか。

私は、十字架上で死なれたイエス・救世主キリストの姿を、絵のようにありありと目の前に示し、その死の意味をはっきりと教えたではないか。

2 1つだけ聞こう。あなたがたはどうやって神の霊ホーリースピリットを受けとった?

掟のルールを守ったからか?

そんなわけあるか!

神様がしてくれたことのおかげではないか!

あなたがたに信じてもらうため、最高な知らせゴスペルであるイエスを送ってくれたのではないか!

3 とすると、みんなの頭がおかしくなったとしか思えない。

神を信頼する生活の始まりは、掟を守る努力ではなかった。

それなのに、どうして、もっと強いイエスの信者クリスチャンになろうと、掟に従おうとする?

4 最高の知らせゴスペルのために、あれほど多くの苦しみを経験したみんなが、今では最高の知らせゴスペルをあっさりポイ捨てだと?

とても信じられない。

5 あなたたちが掟を守ったから神は、神の霊ホーリースピリットを送り、キセキを起こしたのか?

そんなわけあるか!

最高の知らせゴスペルであるイエスを信じたから、こんなに最高な祝福をくれたのだ。

6 アブラハムも同じ経験をした。聖書に書いてあるのは、「神の約束を信頼したことで、神は彼を受け入れた。アブラハムを正しい者として認めたというわけだ。」―― 【聖書:創世記15:6からの引用】

7 このことから、心から神に信頼する人はだれでも、アブラハムの真の子孫になれることがわかる―― 【血縁上の子孫ではなく、アブラハムの信じた神と同じ神を信じる時、一番に信じた信仰の父アブラハムの子孫になるということだ】

8 聖書は、神を信じ通した外国人が救われる、この時のことを預言してきた。

神がずっと昔、アブラハムに、

「どこの国の人であろうと、あなたを通して祝福しよう」―― 【聖書:創世記12:3からの引用】

と宣言された時、これを意味していたのだ。

9 そういうわけで、イエスを信頼する人はみな、アブラハムと同じ祝福を受けるのだ。

10 掟に頼って救われようとする者は、神に呪われる。

なぜなら、聖書には、

「神の律法の書にある掟の全てを守らぬ者は、呪われる」―― 【聖書:申命記27:26より引用】

とはっきり書いてあるからだ。

11 したがって、掟を守ろうと努力したからといって、だれ1人、神の恵みを受けることはできない。なぜなら、神の前で正しいと認められる道は、神を信頼する道以外にない、と神が断言しているからだ。

預言者ハバククが

「神に信頼するものは生きる」―― 【聖書:ハバクク書2:4より引用】

と語ったとおりだ。

12 神を信頼して生きる道と、掟を守る道とは、なんと違うことか!

掟を守る道は、神が命じることに従う事で救われる、と教えている。

13 ところが、私たちが自分の過ちのゆえに受けなければならなかった呪いを救世主キリストが代わりに受けてくれたのだ。

そして、滅びる以外にない状態から、私たちを救い出してくれた。

「木にかけられる者はだれでも、呪われる」―― 【聖書:申命記21:22-23より引用】

と聖書にあるとおり、イエスは十字架にかかってくれたのだ。

14 救世主キリスト・イエスが全うしたことのおかげで、神がアブラハムに約束した祝福がユダヤ人でない人にも与えられたのだ。私たちが救世主キリストを信じることで、約束されし神の霊ホーリースピリットを受けとれるようにと救世主キリストは死んでくれたのだ。

アブラハムと救世主キリスト

15 教会かぞくのみんな。

日常生活で人間同士が約束をかわす場合でも、文書に署名したなら、もう変更はできない。あとになって、約束を破ることはできないのだ。

16 ところで、神は1つの約束を、アブラハムとその“家族”に与えた。ここで“家族たち”にではなく、“家族”に与えられたと言われている点に、注目。

“家族たち”と言えば、アブラハムの子孫であるユダヤ人全員を指すことになる。

しかし、“家族”と言えば、唯一、救世主キリストの家族を意味するのだ。

17 私の言わんとすることはこうだ。

つまり、“神を信じることによって救う”という文書にして、署名をなされた神の約束は、その後430年たって、神が十戒じっかいをお与えになった時にも、無効とされたり、変更されたりはしなかったということだ。

18 もし掟による救いが可能であれば、それは明らかに、アブラハムが恵みを受けた方法とは別ものだ。アブラハムは、ただ神の約束を信じただけなのだから。

19 ではそもそも、掟は何のために与えられたのか。人の過ちを知らしめるために与えられたのだ。

しかし掟は、アブラハムの子孫たる救世主キリストが来るまでのものだったので、役目を終えた。この約束にある子孫は、神自身のもとからやってきた。

それと比べて掟は、神が天使を介し、天使はモーセを介し、人々に掟を与えたのだ。

20 しかし、神が約束を与えたとき、仲介者はいなかった。神の家族の間に仲介者はいらないからだ。

掟監視員解雇

21 とすると、神の掟と約束とは、互いに対立するのだろうか。

そんなことはない。もし私たちが、掟によって救われることができたのであれば、それで事はすんだ。

過ちの力から逃れる別ルートを用意してもらう必要はなかった。

22 聖書は、私たちがみな、その罪の力に閉じ込められている、と宣告している。イエスは、私たちが罪から解放されるために必要なことを忠実に行ってくれた。

すなわち解放されるには、イエス・救世主キリストを信じるという、神への信頼以外にない!

罪の呪縛から脱出する道は、イエスを信じるすべての人に開かれている。

23 忠実な方・・・つまり、イエスが来られるまでは、私たちは掟に監視される囚人だった。

やがて来るといわれたイエスの道を示されるまで、希望も自由もなかった。

24 言い替えるなら、掟は、救世主キリストが来て救ってくれるまで子どもの監視役を務める奴隷だった。しかし来たからには、用なしだ―― 【当時は子どもが13歳から14歳になるくらいまで、家のあるじに仕えていた奴隷が子育てを任されていた】

25 しかし、忠実であるイエスの道が来た今となっては、“掟”という名の子どもたちの監視役を務める奴隷は必要なくなったのだ。

26 それは私たちがみな、信じることによってイエス・救世主キリストに属し、神の子どもとなったからだ。

27 洗礼バプテスマを受けて救世主キリストと繋がった今は、行動、考え方そして見られ方まで救世主キリストのようになる。まるで救世主キリストという服を着ているようなものなのだ。

28 もはや、ユダヤ人とギリシヤ人、奴隷と自由人、男と女というような区別はない。

みな同じイエスの信者クリスチャンであり、イエス・救世主キリストにあって1つなのだ。

29 そして、救世主キリストのものとなった今、私たちは、ほんとうの意味でアブラハムの子孫であり、アブラハムに与えられた神の約束を、すべて手に入れたのだ!

奴隷と神の子ども

1 しかし、次の点を心にとめるんだ。

ある父親が、小さな子どもにばく大な財産を残して死んだとしよう。

この場合、父の全財産の持ち主が子どもになるが、成人するまで奴隷の立場とあまり変わらない。

2 つまり、父の定めた年齢に達するまでは、後見人こうけんにんや管理者に従う義務があるのだ―― 【当時、子どもは13歳から14歳ごろまで主人に仕える奴隷が面倒を見て、その後は親族が面倒を見ていた】

3 私たちも同じように、かつては、その子どもたちのようなもので人の人生を支配する悪の力の奴隷だった。

4 しかし、時が熟すと、神が女を通して一人子ひとりごを遣わした。そして彼は完全に掟の下にあった。

5 それは、掟の奴隷になっていた私たちを買い戻し、自由の身とするためであり、神の子どもとして迎えてくれるためなのだ。

6 このように、父である神は、子である私たちの心に、神の霊ホーリースピリットを送ってくれた。そのおかげで、今では恐れ多くも神を“父さん”と呼ぶことができるのだ!

7 私たちは、もはや奴隷ではない。神の子ども。子どもであるからには、神の持っているものはすべて、私たちのもの。これが神の計画だ!

形式ではなく心

8 あなたがた外国人は、神を知らなかった時、実際には存在しない、神々と“呼ばれているもの”の奴隷だった。

9 ところが今は、神を知っているのに、というより、むしろ神に知られているのに、どうして、もとの悲惨な状態に逆戻りしたがる。なぜ掟を守って家族の一員になろうとする?すでに神の家族の一員なのにだ!

10 あなたがたは、ある特定の日や月や季節や年についての定めを守り、それで神を喜ばせようとしている。

11 そんなあなたがたが、気がかりでならない。私があれほど、あなたがたのために一生懸命尽くしてきたのは、水の泡なのか。

12 教会かぞくのみんな。頼むから私があなたがたに合わせたように、私に合わせてくれ。あなたがたは私自身には何も悪いことをしていない。

13 私が最初にあなたがたへ最高の知らせゴスペルを伝えた時のことはもちろん忘れていまい。私が旅の最中にガラテヤによると、病気にかかり、やむを得なく滞在することになった時だったな。

14 不快感を与える病だったにもかかわらず、あなたがたは、私をさけたり、恐れたりして追い返そうとしなかった。それどころか、私のことをまるで救世主キリスト・イエスをもてなすかごとく手厚く迎え入れて世話をしてくれた。

15 あの時、お互いに味わった幸せは、どこに行ってしまったのか。

あなたがたは、私を助けるためなら、自分の目をえぐり出してもかまわないとさえ、思ったではないか。

16 それが今、真理を告げたために、私はあなたがたを敵に回したのか。

17 彼らは必死になってあなたがたに興味を示しているかもしれないが、あなたがたの最善を願ってしているのではない。みなさんに支持されたいがために、私たちから引き離そうとしているのだ。

18 正しい動機と真実な心から親切にするなら、文句はない。私がその場に居合わせる時だけでなく、いない時にも、そんな態度を示してくれるなら、なおさら、すばらしいことだ。

19 ああ、我が子たちよ。私がどんなに心配し、苦しめられているか。

まるで、子を産む母親のように。

人があなたがたに救世主キリストを見出す日まで、この陣痛が止まることはない。

20 今、あなたがたのそばにいられたら、こんな言い方をしなくてすんだかもしれない。

正直あなたたちには、お手上げだ。

ハガルの子イシュマエルとサラの子イサク

21 掟を守らなければ救われない、と考えているみなさん。私のことばに耳を傾けてくれ。どうして、掟のほんとうの意義を理解しないのか。

22 アブラハムに2人の子どもがあって、1人は奴隷である妻から生まれ、もう1人は自由人である妻から生まれたと聖書にある。

23 奴隷の妻からは、ふつうに子どもが産まれた。

しかし、自由人の妻からは、神がアブラハムにした約束によって産まれた。

24 ところで、この実話は、神が人間を助けるために開かれた2つの道を示している。

1つは、掟を提示して、それを守るようにと命じた道。

神は、シナイ山でこの道を示した。このシナイ山を、アラビヤ人はハガル山と呼んでいいる。

25 このたとえでは、アブラハムの奴隷である妻ハガルが掟に従うことによって神に喜ばれようとする生き方の象徴、ユダヤ人の母なるみやこエルサレムをあらわしている。

そして、この生き方に賛同するユダヤ人は、すべてハガルが産んだ奴隷の子どもなのだ―― 【ハガルはアラビア語で、岩を意味する】

26 しかし、私たちの母なるみやこは、天にあるエルサレムで、それは掟に属していない。

27 預言者イザヤの次のことばは、これを意味していたのだ。

「子どものいない女は、喜べ!

喜びのあまり泣いて叫べ!

子どもを産まなくてよかったと!

陣痛を味わわなくてよかったと!

あなたに女奴隷よりも、

多くの子を与えよう」―― 【聖書:イザヤ書54:1より引用】

28 兄弟姉妹よ。あなたがたにしろ、私にしろ、イサクと同じ、神の約束に基づく子どもだ。

29 約束の子イサクは、奴隷である妻の子、イシュマエルにいじめられた。とすれば、神の霊ホーリースピリットによって生まれた私たちが、ユダヤ教の掟を守るように強要する人々から傷つけられる現状も、うなずける。

30 しかし、聖書には、神がアブラハムにこう言われたと記されている。

「奴隷である妻と子どもを追い出せ。その女の子どもは、自由人である妻の子どもと共にアブラハムの跡を継ぐことはできない」―― 【聖書:創世記21:10からの引用】

31 だから兄弟姉妹よ。

私たちは、掟に縛られた奴隷の子どもではなく、神への信頼によって神に受け入れられる、自由の女の子どもなのだ。

掟は束縛、イエスは自由

1 このように、救世主キリストは私たちを自由の身にしてくれた。

だから、この自由をしっかり握っていなさい。

もう二度と、掟や儀式に束縛された奴隷とならないよう、細心の注意を払いなさい。

2 聞け!私、パウロが断言する。掟に従い、割礼かつれいを受けて救われようとするなら、救世主キリストに救ってもらうのはあきらめなさい!

3 もう一度言おう。割礼かつれいを受けて、神の恵みを手に入れるつもりなら、それ以外の掟をも、完璧に守らなければならない。一度でも失敗すれば死あるのみ。

4 もしあなたがたが、掟を守ることによって、神への借金を帳消しにするつもりなら、救世主キリストと縁をきったことになる。つまり、神の恵みから、すべり落ちてしまったことになる。

5 神を信頼することで救われるからだ!神の霊ホーリースピリットがそれを確証してくれている。

6 イエス・救世主キリストから永遠のいのちエターナルライフをもらった私たちにとって割礼かつれいを受けたかどうか、ユダヤ教の掟を守っているかどうか、など全く関係ない。

私たちに必要なのは、愛によって生まれる神への信頼のみ。

7 あなたがたは、順調に走っていたというのに、

それを妨害したのはだれか。

真理に逆らわせたのは、だれか。

8 もちろん、神ではない。あなたがたをイエスに導いたのは神なのだから。

9 とにかく、あなたがたの中に悪い人が1人でもいるなら、その悪影響は全体に及ぶ。

10 あなたがたが曲がった理屈を信じない。そうイエスの名によって信じている。

あなたがたを惑わし、混乱を生んでいる者がいるのは明白。それがだれであろうと、神の鉄槌てっついが下る!

11 教会かぞくのみんな。割礼かつれいや掟が救われるための必要条件だとよりによってこの私が教えていると言う者がいる。もしそうなら、なぜ私は未だに迫害されているのだ?

私が本当に掟が救われる道だと教えているなら、実際に教えているイエスの十字架についてケチをつける者なんて出てくるわけがないだろう。

12 割礼かつれいを受けさせて、あなたがたの肉体の一部を切り取りたいと思っている教師たちには、いっそのこと、彼らをあなたがたから、切り取ってもらいたいものだ。

13 我が兄弟姉妹よ。神があなたを自由にするために選んだのだ!

しかし、自由を自己中な我欲を満たすいいわけにしないように。

愛をもって互いに仕えるための自由だからだ!

14 なぜなら、掟の全体は、

「自分を愛するようにまわりの人間を愛しなさい」―― 【聖書:レビ記19:18より引用】

という1つの命令に要約されるからだ。

15 しかし、互いに愛し合わず、分裂をもたらし合っているのなら、共倒れを覚悟しろ。

罪と神の性質

16 だから強く勧める。ただ神の霊ホーリースピリットの導きに従うのだ。

神の霊ホーリースピリットは、どこへ行くべきか、何をなすべきか教えてくれる。

そうすれば、人間のさがである自己中心的に生きることがなくなる。

17 私たちの生まれながらの性質は、神の霊ホーリースピリットが命じることとは正反対なことを好むんだ。

一方、神の霊ホーリースピリットの導きのままに歩んでいる時に行ないたくなる善は、生まれながらの願望とは正反対のものなのだ。

内面のこの2つの力は、どちらも私たちを思いどおりに動かそうと、いつも格闘している。

そして私たちは、この2つの力の板ばさみになって、したいと思うことが自由にできない状態なのだ。

18 しかし、神の霊ホーリースピリットに導かれている時には、あなたがたはもう、自分を強制的に、掟に従わせる必要はない。

19 ところが、生まれながらの自己中な性質に従っている時、あなたがたの生活は、次のような結果が生まれる。

すなわち、汚れた思い、性的な過ち、 20 偶像礼拝、占いや心霊術、憎しみ、争い、嫉妬、怒り、自己中心的、派閥などの分裂、 21 ねたみ、人殺し、酒に溺れる事、どんちゃん騒ぎ、そんなあらゆる種類のものだ。

前にも言ったが、今一度警告しよう。

そんな生活を続ける者は、王たる神の子どもではない。

22 しかし、神の霊ホーリースピリットに人生の主導権をわたすなら、このような結果が生まれる。

それは、愛、喜び、精神的安定、辛抱強さ、親切心、善意、律儀、 23 穏やかさ、冷静さである。

ここに、掟に反するものは何ひとつない。

24 イエス・救世主キリストに属す者は、生まれながらの悪い欲望を十字架にかけたのだ。

25 もし私たちが今、神の霊ホーリースピリットの力を受けて生きているなら、生活全般に渡って、その導きに従おうではないか。

26 そうすれば、名声や人気のために、ねたみ合ったり、いがみ合ったりする必要はなくなる。

イエスの命令は助け合い

1 教会かぞくのみんな。

1人のイエスの信者クリスチャンがなにか過ちを犯した場合、神の霊ホーリースピリットに従うあなたがたが、その人を立ち返らせるように。

慎重に手を差し伸べるのだ。

そして、自分も足を踏み外さないよう、心を引きしめなさい。

2 互いの苦難をともに背負うのだ!これぞ、救世主キリストの命令。

3 これに関して無関心になっているなら、自分は全くとるに足りない人間だとうたっているまぬけもいいところだ。

4 ほかの人の失敗と比べずに自分の働きに満足しているかどうかを確かめる。

5 自分の責任下にあるのは自分の行動のみだからだ。

蒔いた種は必ず刈り取る

6 神のことばを指導してくれる人には、報酬を払って援助しなさい。

7 もし神をあざむけるなどと思っていたら大間違い。

あざむいて、被害を受けるのは自分自身だ。

蒔いた種は、必ず刈り取るからだ。

8 自己中な欲望を満たすために種をまく者は、霊的な滅びと死とを刈り取るはめになる。

しかし、神の霊ホーリースピリットの種をまく者は、神の霊ホーリースピリットが与えてくれる永遠のいのちエターナルライフを刈り取る。

9 だから正しい行ないに疲れ果ててはならない!

あきらめずに歩み続けるなら、やがて祝福を刈り取る日が来るからだ!

10 だから、機会さえあれば、だれに対しても、特にイエスの信者クリスチャンには、親切に!

イエス自慢

11 最後は自筆じひつでつづる。

この大きな字を見ろ。

12 例の教師たちが何のためにあなたがたに割礼かつれいして受けさせようとするか、わかるか。

理由は、ただ1つ。すなわち、もっと人気になり、迫害する者たちに叩かれたくないのだ。

つまり、あなたのためではなく、彼らのためなのだ。

救世主キリストの十字架が唯一の救いの道であると認めて叩かれるのが恐いのだ。

13 そうした割礼かつれいを主張する教師たちも、それ以外の掟は守っていない。

そのくせ、あなたがたに割礼かつれいを強要するのは、自分の働きを自慢するためだ。

14 そんなことを私は死んでも自慢したくない。

私に自慢できるのは、王なるイエス・救世主キリストの十字架のみ。

この十字架のおかげで、人に認められようとする昔の自分は死んだ。

世の中の洗脳から解放されたのだ。

15 割礼かつれいを受けているかいないかは、今や、全く問題ではない。

問題は、私たちがほんとうに神の作った新しい世界の住人となれるのかどうかである。

16 この新たな道を歩む人すべてに平安があるように。

そして、神の民イスラエルに神の情けがあらんことを。

17 二度とこんなつまらない問題で私に世話を焼かせるな。

私がイエスに属すことは、この体の傷が物語っている―― 【イエスの道に敵対する者から被害を受け、無数の傷跡が残っていた】

18 我が兄弟姉妹よ。

王なるイエス・救世主キリストの恵みがみなさん一人一人にあらんことを。

パウロより