ヨハネ筆・手紙Ⅲ

1 牧師より、心より愛す我が同志ガイオへ

2 おまえの栄える魂がごとく、他のすべての面でも成功と繁栄があり、身体的な健康を楽しんでいることを祈っている。 

3 ここに立ち寄ったイエスの信者クリスチャンから、おまえが最高の知らせゴスペルの道をそれず、まっすぐ歩んでいると聞いて本当によかった!

4 我が子たちのことで、こんな知らせを聞くことほど嬉しいことはない!――【肉親、実の子どもではない】

5 同志、よくやった。今までどおり知人、他人に構わずイエス信者クリスチャンをもてなしているらしいな!

6 世話になった人たちが、こっちの教会に立ち寄って、おまえの愛にあふれたもてなしについて話してくれた。これからも変わらず、彼らの旅を支援し、神の顔を立てろ!

7 彼らは救世主キリストを広める旅をしているが、イエスの信者クリスチャン以外の世話にはなっていない。

8 だからこそ、イエス信者クリスチャンである私たちが彼らを支援することで、共に最高な知らせゴスペルを広めているのだ。

9 この件について、教会宛てに手紙を送ったが、身の程を知らないデオテレペスは、仕切りたいがために言うことを聞かない。

10 今度、そちらに行って彼のことについて話そう。我々についてどれだけ嘘をついており、中傷しているのかを教えよう。

最高の知らせゴスペルを広めるために旅するイエスの信者クリスチャンを支援すべきだというのに、つっぱねる。それどころか、他の人が彼らを支援することすら、禁じている。支援をしようものなら教会から追い出す冷酷れいこくな男だ。

11 ガイオよ。悪い見本にならならわず、ひたすら、善を心がけるんだ。善を生む者は神に属し、悪を生む者は、“神を知る”と言ったところで、口だけで何も知っちゃいない。

12 しかし、善で評判のデメテリオ。真理――イエス――も彼の評判を裏付けているし、我々も認めているとこだ。 これだけの証人、また、メンツが証人ならば、疑う余地はないだろう。

13 伝えたいことは山ほどあるが、文面ではなく、 14 面と向かって思う存分早く語りあえればな、と思っている。 15 平和があらんことを。こちらにいる友人たちが、よろしくとのこと。

そちらいる我らの友人一同にもよろしく伝えてくれ。 我々が彼らのことをどれだけ想っているかを伝えてくれ。

ヨハネより