テモテへの手紙Ⅱ

あいさつ

1 イエス・救世主キリストを信じる者に神が約束された永遠のいのちエターナルライフを、伝えるべく神に選ばれ、イエス・救世主キリストによって遣わされた、使徒パウロより

2 愛するむすこ、テモテへ。

どうか、我らが父なる神と王なるイエス・救世主キリストが、恵み、あわれみ、そして平安を、おまえに注がんことを。

感謝と励まし

3 毎日、昼も夜も、神とおまえに感謝し、いつも祈っている。

私はいつも、良い心をもって、先祖代々仕えてきたその神に仕えてきました。

4 私は、ぜひもう一度おまえに会いたいと願っている。 

この願いがかなえられたら、跳び上がって喜ぶことだろう。

今でも、あの別れの時の、涙にくれたおまえの姿が、まぶたに焼きついている。

5 嘘偽り無い、おまえの神への思いを覚えている。まるで おばあさんのロイスやお母さんのユニケ譲りだ。2人の、神への思いは間違いなく、おまえの中にもあるものだ。

6 だから私がおまえの手を置いて祈ったとき、会に与えられた贈り物を忘れないようにと言ったんだ。もっと使って種火が炎になるがごとく成長させるんだ。

7 なぜなら、神が与えてくれた神の魂ホーリスピリット は、恐れをはねのけ、知恵と力とをみなぎらせ、人を愛し、喜んで人と共に歩ませてくれる。

8 だから、人前でこの我らが王・イエスについて語るのをためらったり、 神のために牢獄につながれている私のことを、恥じたりするな。

それどころか、この苦しみの中をも共に進もう。

神は、苦しみの真っ只中にあっても、力を与えてくれるのだから。

9 神は私たちを救い、神の民としてその聖なる仕事に任命してくれた。

それは、私たちにその資格があったからではない。

何もかも、この世が始まる前から、神によって決められていたことなのだ。

神はイエス・救世主キリストを通してその恵みをわたしたちに示そうと計画してくれていたのだ。

10 そして我らの救世主、イエスが地上に来てくれたことで全貌ぜんぼうが明かされた。

死を打ち負かし、最高な知らせゴスペルをとおして朽ちることのない命への道へ導いてくれた。

11 そして神は、人へ最高の知らせゴスペルを伝え広め、それを教える使徒として私を選んでくれたのだ。

12 そして、その任務が与えれらたがゆえに、私はいま獄中で苦しんでいるのだ。 

しかし、それを少しも恥とは思わない。

なぜなら、自分がだれを頼りにしているのかをよく知り、またその方は、任せたものをすべて、再び戻るその日まで安全に守ってくれると確信しているからだ。

13 私がイエスについて教えたことをもとに、イエス・救世主キリストが示した忠誠心と愛にならって、ずれなく本物の真理一本を教えるのだ。

14 おまえの学んだその教訓はかけがえのないものであり、他の人にも与えていかなくてはならないものだ。だからこそおまえのうちに住んでいる神の霊ホーリースピリットの助けによって与えられたものを注意して守りなさい。

15 知っての通り、アジヤ州から来たイエスの信者クリスチャンはみな、わたしを捨てた。

フゲロとヘルモゲネでさえもだ。

16 どうか、イエス様がオネシポロとその家にいるみなを恵まんことを。

彼は、たびたび私を訪ね、励ましてくれた。

しかも彼は、私が獄中にいたことを、少しも恥じてはいなかった。

17 その証拠に、彼はローマ市に着くとすぐに私を捜しまわり、私までたどりついたのだ。

18 再びイエス・救世主キリストの現れる日にもらえる恵みを、彼も受け取るように祈っている。

港のみやこエペソで彼がどれだけ私の力になってくれたかはおまえがよく知っているだろう。

イエス・救世主キリストの戦士

1 我が息子、テモテよ。 神の恵みを頼りにして必要な力をつけるんだぞ。

救世主キリスト・イエスに属すがゆえの恵みだ。

2 いいか、私がおおやけで教えたことについて聞いたことはすべて教えること。

他の人が同じことを教えられるよう、信頼できる人たちを指導するように。

3 イエス・救世主キリストの忠誠を尽くす戦士として、私と共にこの苦難を背負うのだ。

4 戦士は将軍に、その働きを認められたいがゆえに、任務と関りがないことには目もくれず、務めを全うしようとする。

5 アスリートが勝つためには、すべてのルールを守らなければならない。

6 身を粉にして働いた農夫が、最初に収穫をもらうのは当然だ。

7 私が言っていることについてよく考えるなら、神様が分からせてくれる。

8 いいか、イエス・救世主キリストが、人間としてダビデ王の家系から生まれ、死をも乗り越えて生き返ったことによって、神であることが証明された。これが私の伝えている最高な知らせゴスペル

9 いま、私がこんなつらい目に会い、牢獄に放り込まれ、犯罪者扱いされているのは、ほかでもない、この最高な知らせゴスペルを人に伝えたからだ。

私が鎖に繋がれようとも、最高な知らせゴスペルにつける鎖はない。

10 だから私はこれらの問題を忍耐して受け入れよう。神に選ばれた人たちを助けるために。それは救世主キリスト・イエスに属することで与えられる救いと永遠の栄光を手にしてもらいたいからだ。

11 真理はこうだ。

イエスと死ぬなら、イエスと生きる。

12 イエスのように、幸いな時のみならず、わざわいの時も忠誠を尽くすなら、

イエスと共に統治とうじする。 

イエスとの繋がりを拒むなら、

イエスも私たちとの繋がりを拒む。

13 私たちが裏切ろうとも、

イエスが裏切ることはない。

イエスに二言にごんはない。

神を喜ばせる者

14 この事実を伝え続けろ!

ケチをつけてくる信者との口論などするな。

彼らの議論からなにも良いものは生まれない。むしろそれを聞く者を傷つけるだけで、百害あって一利もない。

15 おまえは、神からの“よくやった”というおほめのことばをもらえるように、熱心に励むんだ。

神に仕事ぶりを評価される時、恥をさらすことがないように、立派な仕事人になりなさい。

そのために、聖書が教えていること、意味することを学べ。

16 人を神の道から引き離すような、無意味な議論を避けろ。

17 そんな議論は、病原菌のようにどんどん燃え広がり、人を傷つけるばかり。

議論好きのヒメナオとピレトは、まさしくこの種の人間だ。

18 あの連中は真理の道を踏みはずし、死人の復活など、もうすんだことだとして偽りの教えを言い広め、それを真に受けた人の信心を、台なしにしている。

19 しかし神の真理が刻まれた土台は、だれにも、なににも揺るがせない。

そして、それはこうある――

“主君は、真に自分に属す者を知っている”――【聖書:民数記16:5より引用】

また、

“自らイエス様の信者クリスチャンだと名のる人は、悪から足を洗え”

20 裕福な家では、金銀の高価な器だけでなく、木や土の粗末な器も備えてある。

高価な器は何か特別な席で客をもてなすために使い、粗末な器は普段の台所用か、残飯入れに使う。

21 おまえがいつも、悪を避け過ちを犯さないように注意しているなら、特別な席で用いられる家の中で一番高価な純金の器になれる!

つまり、特別な存在として救世主キリストの最高の目的のために、用いてもらえるのだ。

22 若者がいだきがちな欲情を避けて逃げなさい。

そして純粋にイエス王を頼りにする人たちと共に義、信仰、愛、平安に従いなさい。

23 くり返すが、人の心を乱し、仲たがいをおこさるだけのくだらない議論に巻き込まれないように注意しろ。

24 王・イエスに仕える者、決して口論をすべからず。

誰にでもやさしく、辛抱強い、模範となるべき教え上手な指導者でいるのだ。

25 反論してくるなら、おだやかに、思いやりをもって話す、もしくは神の助けによって、その人は考え方を改め、真理を信じるかもしれない。

26 こうして正気に戻った人たちは、思うままにあやつる悪魔の罠から解き放たれるだろう。

神に逆らう時代

1 これから書くことを、よく心にとめておけ。

この世の終わりには、イエスの信者クリスチャンでいることが非常にむずかしくなる。

2 自分だけを愛し、また、お金だけがすべてだと考える風潮ふうちょうが、はびこるからだ。

彼らは自分を鼻にかけ、自慢ばかりをし、悪口を言い、親に刃向かい、感謝ができず、神を喜ばせるすべてのものを嫌う。

3 非情で、誰も赦さず、自分を制御できず、口を開けば平気で人を傷つける。

それに善良を憎む冷酷さ。

4 友を裏切り、考えなしに恥ずべきことをし、自慢する。

神を愛す代わりに、快楽を愛す。

5 教会に行ったとしても、聞いたことを何一つ信じようとしない。

神経を研ぎ澄まし、そんな人たちと距離をとりなさい。

6 中には、正してくれる友達もおらず、だまされやすく、罪の意識にさいなまれながら、あらゆる欲望に振り回される未亡人たちにつけ入って、新しい教えを吹き込む者がいる。

7 彼女たちは、いつも新しいことを学びたがるが、いつまでたっても真理にたどり着くことができない。

8 まるでモーセに逆らった、ヤンネとヤンブレのように、真理に逆らっているのだ。

頭は混乱しており、その信心と理屈はがらくたのように。

9 だが、いつまでも続くわけではない。

ヤンネとヤンブレ同様に、その愚かさが顔をだし、みなの前にあらわとなるのだ。

生き様で示したパウロの模範

10 おまえは私についてすべて知っている。

私の教え、生き方、人生の目標、信仰、根性、愛を。

私が決してあきらめないことも。

11 私があった迫害と葛藤を。

最高な知らせゴスペルを伝えたがゆえに三大都市アンテオケ、みやこイコニオム、丘の町ルステラで私が通った迫害についても知っているだろう。 だが、すべてのいざこざからイエス王が私を救ってくれた。

12 イエス・救世主キリストに称賛を集めるために人生を生きる人はみな、必ず敵からの迫害にあう。

13 しかし、大ぜいの人をだます悪人や詐欺師は、自身すらも悪魔にだまされ、あげくにますます悪の深みにはまり込む。

14 だが、おまえは、教えてもらい、確信を抱いている真理ににとどまり続けるのだ!

信頼に値する人に教わったのだから、これ以上の説得力はない事がわかるだろう。

15 また、まだ小さな子どものころから、自分がどのように聖書を教えられてきたか、覚えているだろう。

この聖書こそ、イエス・救世主キリストを信じることで救われるための知恵を、与えてくれた。

16 すべての聖書個所に神の息がかかっていて生きている。 それは人の過った考えを正し、曲がった人生をまっすぐにし、良い人生を歩ませる。

17 聖書個所によって神の男は整えられ、神が望む働きをするに必要な力が与えられる。

テモテへの最後の命令

1 いつの日か神の王国キングダムを完全に治めるために現われ、生者と死者とを裁かれる方である、イエス・救世主キリスト、そして神の前で私は命じよう―― 

2 すべての人に最高な知らせゴスペルを伝えろ!

必要に応じて柔軟に話す体制をつねに。 

教会の仲間にやるべきことを指導し、過っていたら忠告し、感化して正しい道に引き戻してやるんだ。 辛抱強く、慎重に教えるんだ!

3 真理に耳を貸さない時代が来る。自分に都合のいい人の言うことだけを聞き、そんな人を彼らの指導者としてたてる。

4 彼らは真理に耳を傾けようとせず、無意味な話しや、曲がった教えにしっぽを振ってついて行くのだ。

5 如何いかなる時も自制心を保つのだ。

神に仕える身として、どんな苦難の嵐の中でも、忠誠を尽くし、最高な知らせゴスペルを伝えるという任務を遂行するのだ!

6 私の人生は神へと捧げられる。ここでの人生を去る時が来たのだ。

7 私は神のために忠誠を尽くし、戦いに戦い抜き、人生という名のレースを完走した。

8 そのため、勝者への褒美が私を待っている。

それは、私が神に認められていることを象徴するかんむり

完全であり、完璧な裁判官である王・イエスが、最後の審判ファイナルジャッジメントの日に与えてくれるのだ。

私だけでなく、イエスの帰りを心底楽しみにしている人全員に!

テモテへの最後のお願い

9 できるだけ早く、こちらに来てくれ。

10 デマスは私を捨て、テサロニケ地方に行った。

この世の快楽に心を奪われてしまったのだ。

クレスケンスはガラテヤ地方へ、テトスはダルマテヤ地方へと、それぞれ出かけ、 11 私のもとに残った共に働く仲間と言ったらルカだけだ。

おまえがこっちに戻る時には、マルコも一緒に連れて来てくれ。ここでの私の仕事を手伝うことができる男だ。

12 テキコも、今はここにはいない。港のみやこエペソへ遣いに送った。

13 ついでに、わたしがエーゲ海の港町トロアスのカルポの家に置いてきた上着を、忘れずに持って来てくれ。それから私の本と、羊皮紙ようひしの書物も一緒に頼む――【動物の皮を加工して筆写ひっしゃの材料としたもの】

14 鍛冶屋アレキサンデルが、私にひどい仕打ちをした。

神が罰してくれることだろうが、 15 彼には気をつけろ。

私たちが教えることに、強く刃向かった。

16 私が初めて、裁判官の前に連れ出された時、いっしょに来てくれる人は1人もいなかった。

だれもが私を見捨てていった。神が彼らを赦してくれるように。

17 しかし王・イエスはいつもそばにいてくれた。

すべての人が最高な知らせゴスペルを聞くことができるように王・イエスが力をくれたので、私はどこででも、あらゆる国の人に大胆に伝えることができた。死と隣り合わせの状況から救い出してくれたのだ!

18 王・イエスは、いつもあらゆる攻撃の手から私を救い出し、無事に天の神の王国キングダムへ導き入れてくれるのだ。栄光はいついつまでも神のもの。

テモテへの最後のあいさつ

19 プリスカとアクラに、またオネシポロの家族に、くれぐれもよろしくと伝えてくれ。

20 エラストは港のみやこコリントにとどまり、トロピモは病気のため、港湾こうわん都市ミレトに残して来た。

21 なんとしても冬になる前に、こちらへ来てくれ。

ユブロがよろしくとのこと。

プデス、リノス、クラウデヤ、そのほかのイエスの信者クリスチャンもみなよろしくとのこと。

22 テモテ、王・イエスがおまえの魂とともにおらんことを。

そして、おまえたち全員を恵まんことを。

パウロより