テサロニケ教会への手紙Ⅱ

ほかの教会に誇らずにいられない確信の強さ

1 パウロとシルワノ、そして混血のテモテより

私たちの父なる神と王なるイエス・救世主キリストと繋がるテサロニケ教会のみなさんへ。

2 父なる神と王なるイエス・救世主キリストより恵みと平安があらんことを。

3 教会かぞくのみんな。

私たちはあなたがたについていつも神に感謝している!あなたがたの神への信頼と、お互いに対する愛が素晴らしく深まり続けているからだ。それを聞くと、当然、神への感謝が自然とわき上がってくる!

4 そこで私たちは、あなたがたが激しい迫害と問題の真っただ中にあるにもかかわらず、根気強くイエスを信じる姿を神の諸教会にどれだけ誇らしいか伝えている!

神は何もかもを正す

5 それは、神の判定が公平である証拠。

神の王国キングダムにふさわしき者は、苦しめられる。

6 そして、攻撃するものたちに神は正義の鉄槌てっついをくだす。

7 困難の中にあるかもしれないが、王たるイエス・救世主キリストが、力ある天使たちを天から従えて現れる時、神は私たちに究極の休息を与えてくれるのだ!

8 その時、神には目もくれなかった者や、王・イエスによる神の救いの計画を拒んだ者には、燃え盛る炎のごとく恐るべき裁きが下る。

9 彼らは、イエス様に追放され、イエス様の素晴らしさを感じることができない地獄で永遠の刑罰を受ける。

10 これは、王・イエスが戻り、選ばれし人たちとともに栄光に輝く日に起きる。

私たちが伝えた最高な知らせゴスペルを信じたあなたがたのように、イエスに心より従った人たちは一緒に、声をそろえてイエスを讃える!

11 そのため、みんなのことを想い、いつも祈っている。あなたがたが神に選ばれ、用意されていた最高な人生を歩み続け、イエスへの信頼から生まれる成果を発揮し、正しいことをする力がみなぎるように。

12 そうすれば、誰もが神によって一変したみんなとその生き方を見て、我らが王たるイエス・救世主キリストの名を高く称賛する。

そして、イエスのおかげであなたがたも、称賛される。

、王たるイエス・救世主キリストと神の恵みのおかげでだ。

神に敵対する大反乱

1 教会かぞくのみんな。

我らの王なるイエス・救世主キリストが戻ってくると、私たちは彼のもとに集められるが、これについて話がある。

2 王たるイエスはすでに訪れたと、うそを聞いて動揺させられてはいけない。

ある人は、私たちがそう手紙に書いた、また、私たちが神の霊ホーリースピリットから聞いてそう言った、あるいは手紙にそう記したなどとデマを流している。

3 どんなことを言われても、惑わされたり、だまされたりしないように注意しろ。

なぜなら、イエスが戻る前に次の2つが必ず起きるからだ。

まず、膨大な人が神に逆らう時代が来る。

それから、破壊をもたらす大反逆者が現れる。

4 彼は神と名のつくものから讃えられるものすべての上に自分をおき、それらのものに反対する。それから彼は神殿に入って神の座につき、“我こそ神なり”とすら宣言する。

5 このことについては、そちらに滞在中、口をすっぱくして話しておいたはずだが、覚えていないのか。

6 なにが大反逆者を引き止めているかを知っているだろう。

彼は定められた時が来るまで、出て来れないのだ。

7 この大反逆者が現われるきざしは、すでにあちこちに見られる。

しかし、引き止めている者が身を引くまでは、姿を現わしはしないし、本領を発揮できない。

8 その時になればこの大反逆者が出現する。しかし、イエス王が一息で殺す。誰もが見えるかたちで王・イエスがあらわれ、悪は終焉しゅうえんを迎える。

9 この反逆の子は、悪魔の手先であり、悪魔のあらゆる力を与えられてやって来る。

不思議なわざを披露ひろうしては人々を魅了し、すばらしいキセキを行なう者であるかのように見せかける。

10 地獄の子はあらゆる悪を駆使し、破滅の道まっしぐらの人たちをとりこにする。

イエスを迎えずその真理を愛さずに救いを拒んだ彼らは、無残に敗北する。

11 真理を愛することを拒んだゆえに、惑わされ、その大きな嘘を信じるがままに放っておくからだ。

12 真理を信じず、汚れた悪事を楽しむ彼らは、神によって有罪と宣告される。

救いのために選ばし者たち

13 しかし、イエス様に愛されているみんなは違う。だからこそ神に感謝せずにいられない!

神があなたがたのほとんどを初めに救おうと選んでくれたのだから当然だ!

イエスについての真理を信じ、神の霊ホーリースピリットの働きで神の民となったのだから。

14 神は私たちの口を通し、みんなに、この最高の知らせゴスペルを語ってくれた。

それを通し、王なるイエス・救世主キリストの栄光を分け与えようと、招いてくれた!

15 だから、教会かぞくのみんな。

強く立ち、私たちがそちらに滞在したときに教え、さらには手紙でも伝えた真理を信じ続けるのだ。

16 どうか、私たちを愛し、永遠の安らぎと希望を与えてくれた我らの王イエス・救世主キリストと父なる神が、 17 あらゆる励ましをもって、みんなの良いことばと働きを勇気づけ、力づけてくれるように。

祈っておくれ

1 さて、教会かぞくのみんな。私たちのためにこう祈っておくれ。

イエス様のことばが急速に広まり、みんなのところと同様に勝利を収めるように。

2 また、私たちが考えの曲がった人たちから守られるように。

知ってのとおり、残念なことに誰もがイエス様を信じているわけではない。

3 しかし、イエス様は私たちを信じて裏切らない。みんなに力を与え、どんな悪いものからも守ってくれる。

4 我らの主・イエスに自信をもらった。私たちが伝えたイエスの道を、あなたがたは今もこれからも忠実に歩みつづけると。

5 イエス様の導きによって、神の愛を肌で感じ、救世主キリストの辛抱強さを忘れることがないように祈っている。

働かざる者食うべからず

6 教会かぞくのみんな。

ここで王なるイエス・救世主キリストの権威で私たちが命ずる。

働けるのに働かないイエスの信者クリスチャンと距離を置くのだ。

私たちが教えた道に反するからだ。

7 私たちが示した生き様を見本とすべきことはわかっているはずだ。

私たちがそちらにいたとき、だらだらしたことはない。

8 私たちは、あなたがたからただで食料をもらったこともない。

誰にも負担をかけないために昼夜問わず働いて稼いだ。

9 私たちには支援を要求する権利があるが、それ以上に自活する手本になりたかったのだ。

10 そちらで、“働かざる者、食うべからず”という指示を与えたはずだ。

11 ところが、聞くところによると、教会の中には、働くのを拒み、一日中おせっかいをやきながら邪魔ばかりしている人がいるらしいな。

12 私たちの言っている鉄則は、ほかの人を邪魔することではなく自活することだ!

王なるイエス・救世主キリストの名によって強く推しているのだ。

13 教会かぞくのみんな。たゆまず良い働きをしなさい!

14 もし、この手紙の教えに従おうとしない者がいれば、その顔をよく覚えておけ。

そんな人とは関わるな。そうすれば、恥じ入って変わる可能性もあるだろう。

15 その人を敵視してはいけない。彼には、兄弟に対するような愛のこもった注意が必要なのだ。

究極の平安

16 どんな時、場合、状況にあっても平安の主があなたがたに平安を与えるように祈っている。

17 最後は私の自筆で挨拶をつづろう。

――パウロ――

偽装されないよう、どの手紙でもこうしている。この字を忘れないように。

18 王なるイエス・救世主キリストの恵みがあらんことを。

パウロより