ヨハネ筆・手紙Ⅱ

1 牧師より、神に選ばれし婦人並びにその子どもたちへ――【神に選ばれ任命された教会の女指導者、もしくは、教会を指す。そして、その子どもは、教会に属する者を指している】

私はみなさんのことをとっても愛しています。私だけではない。最高の知らせゴスペルという名の真理を信じる仲間みーんながそう想っている。

2 私たちに住む真理――イエス――のおかげでみなさんのことを愛している。

この真理はいつまでも我らと共にいる。

3 父さんとその一人子ひとりご、イエス・救世主キリストが、真の愛と測り知れない情けと平和を注ぎ、私たちにさちをもたらしてくれるのです。

4 みなさんの中に父さんの言いつけどおり、真理に従って歩んでいる子どもたちがいると聞いて嬉しい限りです。

5 さて、ご婦人。

‟互いに愛さなければならない”

なんの新しいことではない。初めからあったおきてだ。 6 愛すとは、イエスの命令に喜んで従うことだ。命令とは、初めから聞いていたとおり、愛に生きることだ。

7 イエス・救世主キリストが、人間となってこの世に来たことを否定する詐欺教師が世のあちこちで現れている。 彼らは、真理にそむく救世主キリストの敵だ。

8 彼らの口車に乗せられ、今まで築きあげた人の永遠の命エターナルライフが水の泡とならないように神経をはるんだ。 少しもとりこぼさないでほしい。

9 神は救世主キリストに反して生きる者には目もくれず、救世主キリストの教えを律儀りちぎに守る人には、父さんとその一人子ひとりごが側にいてくれる。

10 イエスの道を否定するエセクリスチャンを仲間に入れてはいけない。

11 迎え入れてしまえば、彼らの悪道の助太刀すけだちだ。

12 伝えておきたいことは、山ほどあるが、手紙ごしではなく、面と向かってみなさんと話がしたい。そこで、今度お邪魔できれば幸いです。

13 神に選ばれしみなさんの姉妹である子どもたちが、心からよろしくとのこと。

ヨハネより