テモテへの手紙Ⅰ

パウロの息子

1 私たちを救った王、神であり、また唯一の希望であるイエス・救世主キリストより任命された使徒パウロより

2 信仰の我が息子、テモテへ。

父なる神と王なるイエス・救世主キリストの恵み、そしてその情けによって、心身ともに平和があらんことを。

曲がった理屈に愛なし

3 私がマケドニヤ州へ出発するとき指示しておいたとおり、引き続き港のみやこエペソの教会に残り、曲がった教えを広めている者を黙らせてくれ。

4 彼らの理屈を証明するための無意味な話やくだらない家系論争いと、一秒たりともつき合わないように命じなさい。

そんな話は、さまざまな疑問と議論因子となるだけで、我々が全うすべき神の使命の邪魔にしかならない。

5 私がこう命じるのは、純粋さと正しい良心と偽りのない神への信頼から湧きでる愛を目標としているからだ。

6 しかし、真理の芯が愛であることを見逃した連中は、道を踏み外し続け、誰の助けにもならないことを教える。

7 彼らは、掟の学者としての名声を得たがるが、その自信ありげに話していることの本質は、少しもわかっていない。

8 正しく用いられるなら掟はよいものだ。

9 だが、掟は良い行いをする人のためにたてられたものではない。

掟を破り、それに従わないもののためにたてられているのだ。

罪人、すなわち過ちを犯した者や、神に反する人のため、

霊的なものに興味がない人やイエスを信じない人のため、

両親や他の人間を心身問わず殺す人のためだ。

10 掟はモラルの無い者、つまり、性的な過ちを犯す者、男同士の性的関係にふける者、人を誘拐して奴隷売買する者、偽証、すなわち、真実を告げると誓いながら嘘をつく者、神の真の教えにあらゆる方法で反する者のためだ。

11 この教えは、私が伝えるべく、最も偉大な神が与えてくれた最高の知らせゴスペルに含まれる。 その中に私たちは神の栄光を見るのだ。

イエスの恵みの深さ

12 私は、我らが王なるイエス・救世主キリストに、どう感謝すればよいかわからない。

その役割を信頼出来る者として私に任せてくれたばかりか、忠実に全うする力を与えてくれた。

13 以前の私は、高慢かつ暴力的な男であったが故に、イエスの名をあざけり、彼を信じる者たちを追い回し、あの手この手で迫害した。しかし神は、そんな私にでさえ情けをかけてくれた。

その時はまだ、イエスを信じる事の意味を知らず、自分が何をしているか分かっていなかったからだ。

14 私はイエス様にあふれんばかりの恵みを注いでいただいた。なぜならイエス様と同じ、信心と愛を恵まれたのだから!

15 “イエス・救世主キリストは、過ちを犯した人を救うために、この世に来てくれた”

ということばは問答無用の真実であり、私は中でも特に悪い人だった。

16 にもかかわらず、神はわたしに情けをかけてくれた。

イエス・救世主キリストは、どうにも手がつけられない罪人に対してでさえ、情けをかけ、その心の広さに制限がないことを教えようと、私みたいな者を選抜してくれた。

それによって、誰にでも永遠のいのちエターナルライフを持つ希望があるという見本にしてくれたのだ!

17 永遠の王であり、決して死ぬことなき方、目に見ることのできないただ唯一の神。栄光と称賛は、永遠に彼のもの。

18 我が息子、テモテ。

私がおまえにしている指示は、過去にあったおまえへのお告げと同じ。

そのお告げを忘れずに、神のための戦いをりっぱに戦い抜け! 

19 神を信頼し続け、正しいことをするのだ!

これができずに信頼の道から滑り落ち、谷底で苦しんだ者たちもいる。

20 ヒメナオとアレキサンデルの2人がいい例だ。 

彼らに神を反して語るべきでないことを身をもって学んでもらうために、悪魔の手に引き渡すほかなかった。

過ちからの解放

1 まず全ての人のため祈るように。

神が彼らを祝福し、必要が満たされるように。そして感謝を忘れずに。

2 特に権威と責任を持つ統治者やそのほかのリーダーのために。

私たちが問題の少ない平穏な生活を送り、神をさらに敬うためだ!

3 この思いは救世主キリストである神が喜ぶ、いいことだ。

4 神はすべての人が救われ、すべての人が真理を理解することを願っている。

5 神と人間とは、それぞれ別の岸に立っている。そして、人であるイエス・救世主キリストがその間に立ち、仲介人となってくれた。

6 何よりも価値ある自らの命を、全人類のために差し出すことで、両者の橋渡しをしてくれた!これぞ、正しきタイミングで神が与えてくれた私たちへのメッセージだ!

7 私はこの最高な知らせゴスペルを伝える使徒として選ばれた。真実を話している。

ユダヤ人ではない外国人へ、真理を信じるようにと伝え、教えるために任命されたのだ!

男と女の持つべき姿勢

8 すべての男たちが祈るように。神を喜ばせるために生き、怒りやいがみあうことなく手をあげて祈る男でなければならない。

9 同じく、女は正しい方法で魅力を磨くように。

派手なヘアスタイルや金や宝石、パールや高価な着物によって人の注意を引こうとはせず、配慮あり、適切な格好を心がけるのだ――【当時、格好のせいでイエスの信者クリスチャンがひどくバッシングされることがあったからこそのアドバイスであって、格好の自由を奪うためのものではない】

10 神を敬い身を捧げる女性は、良い行いで魅力を磨くべきだ。

11 落ち着いて学び、謙虚に従う態度をもつのだ。

12 妻は、おおやけの場で旦那を正したり、命令して恥をかかせてはならない。

ガミガミ言わずに教会のメッセージを聞くのだ――【当時、その地域の女性が大きな態度をとることがよくあったからこそのアドバイスだ】

13 神は最初にアダムを、そのあとでエバを創ったのだから。

14 アダムは悪魔にだまされることはなかったが、エバはだまされ、神の命令に背いてしまった。

15 だが、女は神を信じ、愛に溢れ、謙虚な生活を送り、子を産む務めを全うすることによって、救われるのである。

牧師の気質

1 人が牧師になりたいと願うなら素晴らしい志。

ということばがあるが、これは間違いない。

2 牧師は、全うな非難をされる要素がない人でなければならない。

妻に一途で、自制心があり、賢明に生きる人でなければならない。

人に慕われ、人を歓迎し、人の力になる準備ができている良い教師でなければならない。

3 大酒飲みでも、けんか好きでもなく、親切なピースメーカーで、金銭に囚われず、

4 子のしつけも行き届いた、良い家庭の主人でなければならない。

5 自分の家庭すら取りしきれない人が、どうやって神の教会の指揮をとる。

6 また、牧師となる者は、イエスの信者クリスチャンになって、まだ日の浅い人ではいけない。牧師に選ばれたことによって、天狗になる危険性があるからだ。

悪魔が良い例だ。天狗は堕落の前ぶれなのだ。

7 また、教会外の人からも、評判の良い人でなければならない。

そうすれば、不祥事があらわされて悪魔の罠にはまることもない。

牧師の補佐

8 教会のスタッフも、牧師と同じように、リスペクトに値する人でなければならない。

上辺だけの人間や、大酒飲み、お金に執着する人はだめだ。

9 神が明かしてくれた真の信仰に従い、やるべきとことを進んでやる人でなければならない。

10 だから、正式にスタッフとして任命する前に、その人柄や能力をテストするため、教会で何かを任せてみなさい。

もしそれをりっぱにやり遂げるなら、スタッフとして任命するのだ。

11 同じように、スタッフとして指名された女性も、陰口をたたかず、自制心があり、不安要素のない、信頼に値する人でなければならない。

12 スタッフは、ちゃんとした結婚をしており、家族のだれからも慕われる円満な家庭の主人でなければならない。

13 スタッフの務めを優秀に果たす人は、名誉ある立場を築き上げる。そしてイエス・救世主キリストを信頼することが間違いないとさらに確信できる。

生命いのちの秘密

14 近いうちに、そちらを訪問したいと思ってはいるが、念のためにこの手紙を書いている。

15 もし訪問まで長引いたとしても、生きる神の家族がどのような態度を持つべきかをおまえに知っておいてもらいたい。

教会は、イエスを高く掲げるとりでであり、土台。

16 そう、 神に誉れをもたらす人生の秘密を神は示してくれた。

私たち全員が同意できる真理だ。

人として来た救世主キリスト

その正体は神の霊ホーリースピリットによって証明され

天使たちを従わせ、

彼のメッセージは世界へ広まった

世界中の人が信じ

栄光に輝き、天へと引き上げられた。

教師ヅラの正当化された理屈に要注意

1 神の霊ホーリースピリットがはっきりと予告したように、世の終わりの訪れの前には、教会の中からも、イエスを離れ、悪魔の下僕となる人が出てくる。彼らは悪魔の教えに従うのだ。

2 うそをついて人を欺く人がこのような教えをする。この悪人たちは、何が正しく、何が間違っているのかまるで分かっていない。 良心が麻痺まひしているのだ。

3 彼らは、結婚や特定の食べ物を食べることを禁じるなど掟をつきつける。

しかし、神はその、食べるということを、よく訓練されたイエスの信者クリスチャンが感謝して喜び楽しむようにと創ってくれた。

4 神が創ったものはみな良い物で、感謝して受けるのであれば、何一つとして拒絶しなくてはならないものはない。

5 神が作ったものは、神のことばと祈りによって、きよめられたのだ。

より優れたイエスの戦士へ

6 そこの兄弟姉妹にはっきり教えるなら、おまえはイエス・救世主キリストの立派な使者であることが明らかになる。おまえがイエスへの確信と、従ってきた真理によってさらに強くなってきたと。

7 神の真理からそれたばかげた理屈などの相手をするな。

そんな時間があるなら、神の名誉のため、さらに神に喜ばれる人間となれるように自分を磨け!

8 体を鍛えればある程度役に立つかもしれないが、神を喜ばせるために成長するなら、あらゆる面で役に立つ!この世にもあの世にも祝福をもたらす!

9 誰もが一切疑わず受け入れるべきことはこうだ。

10 私たちは、全人類の救世主である生ける神に希望を託している。

全ての人たち、特にその救いを受け入れた人たちのためにイエスは命を差し出してくれた!

だから私たちは、これをより多くの人が信じるようにと励み、働くのだ。

11 これらのことを、どんな人でも十分理解できるようにできるだけかみ砕いて教えるんだ。

12 年が若いからといって、あなどらせてはいけない。かえってイエスの信者クリスチャンの見本となりなさい。あなたの言動、生き様、愛し方、信じ方、そして純粋さをもって良い模範を示すのだ。

13 私がそっちに行くまで、教会で聖書を読みあげ、その内容を教え、鼓舞こぶするのだ。

14 かつて教会の長老たちがおまえに手を置いて祝福した時、神が預言を通して与えてくれた特別な能力を忘れずにしっかり使うんだ!

15 人生をかけてしっかりと。そうすれば、おまえの成長は誰の目にも明らかになる!

16 自分の生き方と教えには神経をはってろ。

正しく生き、正しく教えろ!そうすれば、おまえも、おまえのことばを聞くものも救われる!

人に応じた接し方

1 年配の人にきついことばを使わず、むしろ父親に話すように話しなさい。

若い人には、兄弟のように接しなさい。

2 年配の婦人は母親のように接し、若い女性には礼儀を持ちつつ、姉妹のように接しなさい。

未亡人の世話についての指示

3 本当に孤独のなかにいる未亡人がいたら、教会で世話をするんだ。

4 しかし、もしその人に子どもか孫がいるなら、彼らはまず面倒を見る責任を全うしなければならない。

親や祖父母に育ててもらったことや、なにかしらの恩があるのだからこそ、今度は自分が同じように面倒をみて、恩返しをするのは当然。それは何より、神が喜ぶことだ。

5 教会が世話すべき未亡人は、面倒を見てくれる身寄りがない貧しい人であり、

神様の約束を信じ、昼も夜も絶えず祈り、神様に助けを求める人でなければならない。

6 しかし、我欲のままに生きる未亡人は、生きたまま死んだも同然。

7 個々の家族をしっかり世話するように指導するのだ。そうすれば、誰にとがめられることもない。

8 誰でも親族面倒をみてあげるべきだ。一番に家族を。 世話をしないのであれば、私たちの信じることを拒んだことになる。イエスを信じていない人ですらするというのに。

9 教会での特別な働きに加わっていきたい未亡人には、一定の条件をつけるべきだ。 少なくとも60歳以上であり、夫に一途な人でなければならない。

10 彼女は良い人としての評判がなければならない。

子どもをりっぱに育て上げたか。

イエスの信者クリスチャンの旅人を親切にもてなしたか。

その疲れた足を洗ってあげたか。

病人や困っている人に助けの手を差し伸べたか。

すなわち、人生を人のためにささげているか。

11 でも、若い未亡人はだめだ。再婚したい思いが大きくなったとき、彼女たちの救世主キリストへの誓いから引き離してしまうからだ。

12 その結果、初めにした約束を破ったことになる――【再婚は悪いことではないが、世間的にはよくないイメージがあった。つまり、どんな理由があれ、二度以上結婚する人は、世間的に見下されたため、教会の模範となるべくスタッフにたてることはよくないとパウロは判断したのだ】

13 その上、若い未亡人のほとんどが、なまけがちであちこちの家を遊び歩いては、うわさ話に花を咲かせ、言わなくても良いことを言う。やたらにおせっかいをやきたがるからだ。

14 だから、そういう若い未亡人には再婚を勧め、子どもを産み、家庭を大切にするように勧めるのだ。そうなれば、だれもそこに非難する理由など見つけられないだろう。

15 実際、すでに教会に背を向け、悪魔王サタンの誘いに乗って道を踏みはずした若い未亡人が、何人もいる。

16 もう一度念を押すが、親類に未亡人をかかえている人は、自分で面倒を見るべきだ。

教会に余計な負担をかけてはいけない。

そしたら、だれにも世話してもらえない未亡人を援助することができる。

そうでないと、ほんとうに1人ぼっちで身寄りのない未亡人を援助するお金がつきてしまう。

教会を率いる牧師たちに関して

17 与えられた仕事を忠実に果たしている牧師や年長の教会幹部は、それに見合う十分な経済的な援助を受け、心から尊敬されるべきだ。 

説教と指導に熱心に励んでいる牧師の場合は、特にそうでなければならない。

18 聖書にはこうある。

“穀物を踏んで脱穀している牛に口輪をかけ、その穀物を食べるのを禁じてはいけない”――【聖書:申命記25:4より引用】

“働く者が報酬をもらうのは当然” ――【聖書:ルカ10: 7より引用】

19 教会を率いる牧師たちへの不満の訴えは、彼らが間違いをしたという事を証言できる2、3人の証人がいなければ、取り上げてはいけない。

20 万一、そのような牧師が実際に過ちを犯したときには、教会全員の前で非難しなさい。

彼らの悪い例にならう人を1人も出さないためだ。

21 私は、神と王なるイエス・救世主キリストと天使たちの前で、真剣な思いで命じる。

どうであれ、そのような教えに従いなさい。偏見やひいきをするのではなく、公平に対処しなければならない。

22 誰かに手を置いて牧師や年長の教会幹部を任命するなら、慎重になりなさい。

でなければ、その人の過ちを見のがし、おまえもその過ちを黙認したことになる。

その気がなかろうとも、いっさいの過ちに協力することがないように。自身の純潔さを周りからの評判の面でも保ちなさい。

23 テモテ、病気がちなんだから水だけ飲むのはよして、たまには少しワインを口にしなさい。

お腹の調子を整えて、病気になりにくくなるから。

24 犯している過ちが明らかになる人もいれば、最後の審判ファイナルジャッジメントの日に明らかになる人もいる。どちらにせよ、制裁が下されるのだ。

25 良い行いもしかり。目立つ善行もあれば、今見えなくとも、後に示されるものもある。

奴隷の指導

1 イエスの信者クリスチャンである奴隷は、主人に尊敬の念を常に表すのだ。

そうすれば、神の名と教えがとがめられることはないだろう。

2 主人が、たまたまイエスの信者クリスチャンの場合でも、それをいいことに気をゆるめたりすべきではない。むしろ、いっそう熱心に働くべきだ!

その奴隷の働きによって助けられる主人はイエスの信者クリスチャンなのだから、奴隷はその人を愛すべきなのだ!

テモテよ。これこそがすべての人によく教え、指導すべきことだ。

お金に対する心構え

3 中には、異なる教えを受け入れ、王なるイエス・救世主キリストからくる真理にうなずかない者もいる。

神を喜ばせ、神への栄誉をひきあげる真理を受け入れない。

4 曲がった教えを広める人がいれば、それは天狗になっているからであり、自分の無知をさらけ出す行為だとみなすのだ。ねたみや怒りにかられて議論を果てしなく続ける。まるで、悪口や非難、不信感のとりこになっている人たちなのだ。

5 頭が混乱している彼らはいつも口論を引き起こす。真理の理解を失った彼らは、神を敬うふりをするのが豊かになる方法だと思っているからだ。

6 本物の裕福を手にしたい者はいるか?もし今、幸せで、心が満ち足りているなら、おまえはすでに裕福だ。

7 私たちは、裸で産まれ、裸で死ぬ。

8 だから、食べる物と着る物があるなら、満足すべきだ。

9 富豪を夢見る人は、もうけ話に目がなく、誘惑の罠にかかる。

愚かなことに、自分を傷つけるものを欲しがり、人生をズタボロにする

10 お金を愛する者は、あらゆる悪の始まりだ。

中にはお金に導かれ、私たちの信じる者から引き離されていった人たちもいる。

そんな人は自分の身を刺し通す、激しい痛みと悲しみへの第一歩を踏んだのだ。

重要事項

11 だが、おまえは神に属す。だから、これらすべての悪から逃れ、正しく、良いことに熱心に励むのだ。

神を敬い、信頼し、人を愛し、根気強く、もの腰のやわらかな態度を身につけ、 12 神に与えられた、信仰のレースを走りきれ!永遠のいのちエターナルライフを強く握りしめて。

この永遠のいのちエターナルライフについて、あなたはたくさんの人がいる前で、告白したのだ

13 私は、すべての命の創造者である神と、

ポンテオ・ピラト総督の前で大胆に証人となったイエス・救世主キリストとの前で、おまえに命じる。

14 我らが王なるイエス・救世主キリストが戻る時まで、命じられたことを落ち度なく、手を抜かずに全うするのだ!

15 その時は神が定めている。最も偉く、唯一の統治者。上のその上に君臨する、王の王。

16 死ぬことのないただ1人の方であり、だれも近づけない、まばゆい光の中に住んでいる。

だれ1人、神を見たことなどなければ、これからも、決して見ることはできない。

誉れと、永遠の権力が、このまことの神に世々かぎりなくありつづける。

17 この世の金持ちには、天狗にならないように、そして、一瞬にして無くなってしまうようなお金に望みをかけないように命じなさい。

また、必要なものをいっさい備え、私たちの人生を楽しませてくれる神に希望をおくのだ。

18 また、お金持ちには、お金だけでなく、善行で富むように命じなさい。

困っている人に喜んで分け与えるようにと。 

19 そうすれば自分のために、永遠の宝を天に蓄えることになる。

これこそ、未来に備える、ただ1つの絶対であり、安全な投資。

彼らはこれからやって来る時代で永遠の人生エターナルライフを手にすることができるのだ。

20 テモテよ。

神から託された任務を全うしろ!知識を鼻にかけ、かえって無知をさらけ出しているような人と、くだらない議論にふけらないように。

21 深い知識を持っていると言うやからは、私たちが信じるものと似てるようで極端に違う。

神がおまえたちに恵んでくれるよう祈っている。

パウロより