テサロニケ教会への手紙Ⅰ

1 パウロとシラス、そして混血のテモテより

父なる神と王なるイエス・救世主キリストに属すテサロニケ教会のみなさんへ。

恵みと平和があらんことを。

テサロニケ教会についての嬉しい報告

2 私たちは、みんなのために欠かさず祈り、神にとても感謝している!

3 父なる神を前に思い出す。

みんなの信仰による元気いっぱいの働き。

愛にかられた奉仕ほうし

我らの王、イエス・救世主キリストにある確固たる望み。

4 教会かぞくのみんなよ。みんなが神から選ばれ、神に愛されている事実を、私たちはよく知っている。

5 最高な知らせゴスペルを持ってそちらにいった時、私たちはことば以上のものをもたらした。

真理を確証する理解と神の霊ホーリースピリットによって、力強く伝えた。

そして、あなたがたのために尽くした我々の模範を持ってそれを確信づけた。

6 こうして、みんなも、私たちや神様自身のあとに続く者となった。

多くの試練や悲しみにも、めげることなく、喜んで私たちの教えを受け入れたからだ。

その喜びは神の霊ホーリースピリットに与えられたものだ!

7 こうしてみんなは、マケドニヤ州とアカヤ州の、イエスの信者クリスチャンのよいお手本になった。

8 あなたがたのおかげで、今では、イエスの道はマケドニヤ州、アカヤ州は言うにおよばず、あらゆる地域の人たちに知れ渡っている。

どこへ行っても、神に対するみんなの目ざましい信心を賞賛する声を耳にする。

だから、これについて、これ以上何も教える必要がないくらいだ。

9 あなたがたがしてくれた私たちへのすばらしい歓迎ぶりや、偶像を捨てて神に立ち返り、今では真の神、生ける神にのみ仕える者となったいきさつを各地、様々な人から聞いた!

10 また、神の一人子ひとりごの到来を待ち望む熱心さについてもだ。

神が死から蘇らせた一人子ひとりご、その名はイエス。神の恐るべき鉄槌てっついから救い出してくれる、唯一の救世主キリスト

港のみやこテサロニケでのパウロの働き

1 教会かぞくのみんなよ。

反対するものたちが問題を起こしはしたが、私たちの訪問が大きな意義を及ぼしたとわかっているだろう。

2 だが、そっちへ行く前、私たちがピリピの都でどんな目に会い、どれほど苦しめられたか。それはあなたがたがよく知っている。

それでも神から勇気を与えられた私たちは、四方八方を敵に囲まれながらも、大胆に神からの最高の知らせゴスペルを伝えることができた。

3 あなたがたが最高な知らせゴスペルを信じたところで私たちに利益はない。

だからこそ、私たちがだましていないことは明白。

4 私たちは、ただ、神に任命されたから伝えたのだ。

そして、この任務に私たちがふさわしいかどうか神に試され、信頼に値されることを確認されたからこそ任命してくれたのだ。

つまり私たちが語るのは、神の喜ぶことのみ。

だからこそ、人の好みに合わせて内容を変えることなど決してない。

私たちの心は神が見すえている。

5 あなたが知っているとおり、私たちはゴマをすって気に入られようとしたことなど一度もなかった。あなたがたからお金を取ろうとしたことなど一度もない。それは神が知っている。

6 また、あなたがたを含め、人から称賛を求めたこともない。

7 それどころか、子どもを養い、世話をする母親のように、やさしくふるまってきた。

8 心から、みんなを愛していたからこそ、私たちは喜んで神から授かった最高な知らせゴスペルを伝え、人生をわかちあったのだ。

9 教会かぞくのみんなよ。

私たちが、生活費のためにも、どれほど苦労して働いたか、覚えているだろう。

そっちにいた時も、昼も夜も休まず、汗水流して働いた。

それは、最高の知らせゴスペルを伝える時、だれにも金銭的な負担をかけさせまいと思ったからだ。

10 私たちが1人1人に対し、純粋な気持ちから、正直に、非の打ちどころのない行動をしたことは、神だけでなく、あなたがたが証人だ。

11 父親のように1人1人に接してきたのはよく知っているだろう!

12 父親のように励まし、元気づけ、神が誇る生き方をするように教えた。神はあなたがたを栄光に輝く神の王国キングダムの一員として選んでくれたのだ!

13 私たちは、神に感謝せずにはいられない。

それは、私たちが最高な知らせゴスペルを伝えた時、私たち人間の考えと見なさず、神のことばとして受け入れたからだ!

事実、これは神のことばであって、信じる者の生活を一変させる!

14 さて、教会かぞくのみんな。

みんなはユダヤ地方にある多くの教会と同じ試練をとおっている。つまり、同族のユダヤ人に苦しめられた彼らのように、あなたがたも同族から被害を受けている。

15 ユダヤ人たちは、自分たちの預言者を殺したばかりか、王・イエスですらも手にかけてしまった人たちだ。

そして私たちをあなたがたから引き離したのもしかり。

神も外国人をも見下した外道。 16 外国人が救われる方法を伝えようとする我々を妨害しているからだ。

このように過ちを重ね重ね犯し続けた彼らは神の怒りの鉄槌てっついが下る。

勝利の証

17 教会かぞくのみんな。

心は常にそばにあるものの、みんなのもとを離れてから日が浅くも、早くみんなに会いたいと思っていた。

18 そこで、何とかしてそちらへ行こうと努力した。

特に私、パウロは、何度も試みたのだが、その度に悪魔に行く手を拒まれている。

19 誰よりも私たちに希望と喜びを与えてくれるのはあなた方だ。

王なるイエス・救世主キリストが戻る時、私たちが勝利を祝う理由はあなたがたにあるのだから。

20 そう、あなたがたこそが私たちの勝利の証であり、誇りであり、喜びなのだ。

最高な報告を受けた喜び

1 もうこれ以上、待てないので、私だけがみやこアテネにとどまり、 2 テモテを送ることにした。

テモテは同志であり、救世主キリストについての最高の知らせゴスペルを伝えるべく、神のために働く私たちの仕事仲間だ。

あなたがたの信心を力づけ、励ましてもらうためだ。

3 このような苦難の嵐でも、動揺する者が1人もいてほしくない。

みんなの知っているとおり、私たちは苦難をとおる運命だ。

4 私がそちちにいたころ、いつか苦難が訪れると警告しておいたことが現実となった。

5 もうこれ以上の不安に耐えきれず、みんなが以前同様、信頼を抱いているかどうかを知りたく、混血のテモテを送ったのだ。

悪魔の誘惑で信心しんしんを奪われ、これまでの苦労が水のあわになったのではないかと心配だったからだ。

6 ところがどっこい、こちらに帰って来た混血のテモテから、みんなの確信の強さと愛の大きさは、相変わらずだと聞いて、どれほど喜んだか!

また、みんなが私たちの訪問を昨日のことのように覚えていて、再開を心待ちにしてくれているそうだね。私たちもはやく会いたい!

7 教会かぞくのみんな。

身も心も押しつぶされそうな困難と苦しみの中にありながらも、みんなの忠誠心が相変わらずだと知って、ほんとうに励まされた。

8 イエス様への強い信頼を保つなら、人生は最高だ。

9 みんなのことでどれほど喜び、どれほど神に感謝しているか。

10 そっちへ行ってみんなに会えるよう、昼も夜も心の底から祈っている。

みんなの確信を強めるためにおぎなえるだけ、補いたい。

11 どうか、父なる神と王・イエスが、再会の機会を与えてくれるように。

12 イエス様があなたのうちにある愛を育むように祈っている。

イエス様に愛をもっともっと注がれ、仲間とその他すべての人を愛せるように。

あなたがたを想う私たちの愛ほど、人を愛せるように。

13 これによって正しくありたいという思いが増す。

そして、王・イエスが天使軍を従えて戻るとき、父なる神を前にして潔白となり、神の存在を存分に楽しめるのだ!

神が微笑む道

1 教会かぞくたちよ。

神が微笑む道の歩み方を私たちから学び、それを実行したあなたがたに、王・イエスの名によって勧める。

その生き様をより一層熱心に、そして貫きとおせ!

2 王・イエスの権威によって、言いつけたことはすでに知っているだろうが、

3 神は、みんなに性的な過ちから身を避け、聖く純潔であってほしいのだ。

4 各自、神が称賛されるような聖く、一途な結婚生活を異性の配偶者と送るのだ。

5 神と関係を持っていない人たちのように、性奴隷になってはいけない。

6 教会の家族に手を出すことが断固あってはならない。

そんな恐ろしいことをすれば、前に警告したとおり、神の鉄槌てっついが下る。

7 私たちが神に選ばれたのは、汚れた思いや欲情のとりこから自由にされ、聖い生活を送るためだ。

8 もし、これらの教訓を拒むなら、人間の規則ではなく、恐れ多くも神の霊ホーリースピリットを与えてくれる神に、そむいたことになるのだ。

9 神の教会かぞくを愛し合うことについては、言うまでもない。

互いに愛し合わなければならないと教えたのは神ご自身なのだから。

10 実際、あなたがたは国中のイエスの信者クリスチャンを愛している。

さあ、もっともっと互いを愛そうではないか!

11 安定した人生を送れるようにできるだけのことをするのだ。

以前伝えたとおり、自分で働いて独立するのだ。

12 そうすれば、イエスの信者クリスチャンでない人たちからも信用され、尊敬されることだろう。また、他人の世話にならなくてよくなる。

友の死に対する心構え

13 教会かぞくのみんな。

イエスの信者クリスチャンが死んだらどうなるか、よく知っておくんだ。

大事な人を失った悲しみのあまり、生気を失った人たちのようになってほしくないからだ。

14 私たちは、イエスが死んで、生き返ったことを信じている。

だから、すでに亡くなったイエスの信者クリスチャン全員がイエスをとおして、生き返り、イエスと永遠を過ごすと確信している。

15 私は、イエス様から聞いたままを伝えるが、イエス様が戻る時、私たちが生きていたとしても、死んだ人たちをさしおいてイエス様に会うことはない。

16 イエス様本人が大号令の声をあげ、天使長の声と、神の召集された角笛隊の響きを鳴らして天より下る。

その時、まず最初に生き返るのは、生前イエスと関係があった者だ!

17 それから、地上に生き残っている者が、彼らといっしょに雲に包まれ、空中でイエス様と顔を合わせ、永遠に我らの主・イエスとともに生きるのだ!

18 だからこの言葉をもってして互いを励まし合うのだ!

昼の世界の住人

1 さて、教会かぞくのみんな。

それらがいつなんどきに起こるかなど言うまでもない。

2 知っているとおり、夜中に忍び込む泥棒のように不意を突かれる運命だからだ。

その時を言い当てるのは不可能。

3 人が、「万事順調で、何もかも平穏無事へいおんぶじ」と、たかをくくっている時に背中を刺されるのだ。

まるで、出産時の母親に陣痛じんつうが襲うように。

その災いから逃れられる人はいない。

神から隠れる場所は、どこにもないからだ。

4 しかし、闇の中を生きないあなたがたは、強盗に襲われた人のようにあわてふためくことはない。

5 みんなは、光の子ども、真昼の子どもであって、闇や夜に属さないからだ。

6 だから、ほかの人たちのように眠ったまま生きず、目を覚ましていなさい。

7 夜、人は眠り、また酔いつぶれる。

8 しかし、私たちは、昼の世界に生きる者らしく、神への信頼と愛のよろいで身を固め、救いのかぶとをかぶって自分を制すのだ。

9 なぜなら、神は、怒りをぶちまけるために私たちを選んだのではなく、王なるイエス・救世主キリストによって救われるために、選ばれたのだから。

10 生死にかかわらず、私たちがイエスと永遠に生きられるようにと、イエスは死んでくれたのだ。

11 だから、これから何があろうと、今までどおりにお互いを励まし合い、助け合い、確信を強めていくのだ!

最後の説明と挨拶

12 さて、教会かぞくのみんな。

王・イエスに仕えるあなたがたのリーダーを見下すことが、断じてないように。

あなたがたのために一生懸命働き、あなたがたのことを想って生き方を指導してくれているのだ。

13 イエスのために働く指導者だ、最高の敬意と愛をはらいなさい。

互いに平安を保つのだ。

14 教会かぞくのみんなにお願いだ。

なまけ者を忠告し、

おびえる者を励まし、

よわい者を思いやり、

だれに対しても辛抱強く対応しなさい。

15 悪に悪でお返しすることが断じてないように。

むしろ、互いに、またどんな人にも、善を示すように。

16 いつも喜びにあふれていろ! 17 絶えず祈れ!

18 何があっても、感謝の心を持て!

これこそ、神が、イエス・救世主キリストに属するみんなに、望むことだ。

19 神の霊ホーリースピリットの働きを止めることがないように。

20 預言を軽くあしらわないように。

21 神の心に沿うものかどうか確認し、良いなら受け入れ、

22 あらゆる種類の過ちから遠ざかるのだ。

23 平和の神ご自身が、あなたがたをシミひとつない存在とするように祈っている。

つまり、神以外の誰にも何にも、心、魂、体を一寸たりとも奪われていない、完全に神へ属す者であるように。

王なるイエス・救世主キリストが戻る時、潔白であるように。

24 あなたを選んだイエスがそうしてくれるから安心して信頼しなさい。

25 教会かぞくのみんな。私たちのために祈っていてくれ。

26 あなたがた全員に、心からのあいさつを送る。

27 この手紙を、すべてのイエスの信者クリスチャンに読ませることを王の権威によって命ずる。

28 王なるイエス・救世主キリストの恵みが皆と共にあらんことを。

パウロより