ヨハネ筆・手紙Ⅰ

生命いのちとことばの源

1 ここに“生命いのち”の源、すなわち“ことば”についてつづる。

世の初めから存在し、我々がこの耳で聞き、この目で見て、この手で触れた、その“ことば”についてだ。

2 そうだ、 生命いのち であるその“ことば”が、私たちに示された。

この目で見たからこそ、が私たちに示されし、父さんと共にいた永遠のいのちエターナルライフであるという事をあなたに公言できるのだ。

3 我々が見聞きしたことを伝えたいのは、この手紙を読む皆さんが私たちと心を一つにしてほしいからだ。我々の心が 父さんとその一人子ひとりご、イエス・救世主キリスト と一つであるように。

4 我々同様、みなさんの喜びいっぱいの人生を歩んでもらうためにこの手紙をつづる。

神は光

5 神より授かった真実の教えをお伝えします――

神は光であり、彼に闇は微塵みじんもない。

6 ゆえに神と共に人生を歩むと言って闇に住んでいるなら、表裏のある嘘つきだと言えよう。

7 しかし、神がいつも光の中にあるように、あなたも光の中を歩め!そうすれば、お互いと、すべての闇から解き放たれ、イエスとの友好関係を存分に楽しむことができる。そして神の一人子ひとりごイエスが流してくれた血によって過ちは赦される!

8 もし自分には過ちがないと言うのなら、私たちは自身を騙してしまっていることになる。そしてそれは、真理を拒絶しているまぎれもない証拠だ。

9 しかし、心の闇に漂う間違いや過ちを正直に告白することで光に照らすなら、神は約束どおりに過ちを赦し、その闇から解放してくれる。

10 “過ちを犯したことなどない”と言うなら、神を嘘つき呼ばわりしていることになり、その教えを拒絶しているのと同然なのだ。

真のイエスの従者クリスチャン

1 我が息子に娘よ――【実の子どもの事ではなく、イエスを信じる人たちのことをそう呼んでいる。さらに当時は先生をリーダーと呼び、生徒をつき従う者とよび、子どもたちを、息子や娘と呼んでいた】

過ちを犯し続ける闇の人生を送ってほしくなくてつづっている手紙ではあるが、仮に足を踏み外しても、イエス・救世主キリストが助けの手をさしのべてくれる。

考え、言動、ひっくるめて正しいイエスだからこそ、私たちが父さんの前に立つとき、この上ない弁護べんごをしてくれる。

2 我々を含む全人類の過ち、闇を取り除けるのは光であり、自らその犠牲となって下さったイエスの道のみ!

3 神に従うなら、本当の意味で神を知っていることが分かる。

4 だが、神を知っていると言いながら、神に従わない人は大ホラ吹きだ。

従っていない時点で真理を曲げているからだ。

5 神の教えを生きる人は神を何よりも愛すため、実際に誰が神と結びついているかは明白だ。 6 神の中を歩んでいると言うなら、イエスと同じ生き方をしなければならない。

人を嫌わず、愛す心は光の中

7 愛する友よ、

私は新しい戒めを教えようというわけではない。あなたがたが昔から聞き馴染んでいることだ。

8 だが、新鮮でもある。 イエスの生き様と、あなたの生き様が、

“互いに愛さなければならない”

という戒めが裏付けるのだ。

この戒めを守る時、私たちの生活から闇は逃げて去り、光輝く。

9 “私は光の中を歩む”

と言いながらも教会の兄弟姉妹を嫌うのなら、闇の中を歩む証拠。

10 教会の兄弟姉妹を愛す人の心は光の中にあり、過ちを犯す習慣が身につく隙などない。

11 しかし、教会の兄弟姉妹を嫌う人は闇に住み、闇を歩む。真っ暗闇で何も見えず、どこへ向かっているか自分でも分かっていない。

12 愛する子どもへつづる 

あなたの過ちが救世主キリストによって赦されたから

13 父親へつづる

世の初めから存在した方を知っているから

若者へつづる

悪魔に打ち勝ったから

14 子どもへつづる

父を知っているから

父親へつづる

世の初めからいた方を知っているから

若者へつづる

あなたが強いから

神の言葉があなたの中に生きており、

悪魔に打ち勝ったから

15 この世とその中にあるものに心を奪われないように。世を愛すのは、父さんの愛を受けとっていない証拠。

16 邪欲じゃよく、我欲やプライド。これらは、世の不正が生み出したものであり、神が生んだものではない。

17 人が憧れたものは人生と共に消え去る。しかし、神の意志を受け継いで生きる者は永遠だ。

イエスの敵に惑わされるな

18 我が子たちよ、世の終わりは近い。 この世が終わる日の前に起きると耳にしていたとおり、たくさんのアンチ救世主キリストが出現した。

19 仲間内にその敵は潜んでいた。彼らは初めから我々、光には属していなかった。その証拠に、我々から離れていった。

20 しかし、あなたがたは違う。イエスから神の霊ホーリースピリットが与えられ、すでに真理をよく理解している。

21 みなさんが真理を知らないから、この手紙をつづっていると?

いいや、知っているからこそだ。そして、真理から嘘が生まれないことも知っている。

22 それでは嘘つきとは誰か?

イエスは救世主キリストじゃないと言う者だ!

誰であれ、天の父とその一人子ひとりご、イエスに反するものは皆、救世主キリストの敵!

23 誰であれ、一人子を信じないなら父さんも失い、一人子を信じる者は父さんさえも得るのだ。

24 だからこそ、初めに習った教え一本であるように!そうすれば、いつも父さんとその一人子ひとりご、イエスと一緒だ。

25 これこそが一人子ひとりご・イエスが我らのためにしてくれた約束。

永遠の命エターナルライフだ!

26 この手紙では、みなさんを間違った道へ引きずり込もうとする者についてつづった。 27 あなたがたは、救世主キリストから神の霊ホーリースピリットという名の贈りものを受けとり、彼はあなたの胸のうちに生きている。だからこそ、これ以上誰かに新しい真理を教えてもらう必要はない。その贈りものが、真理のすべてを教えてくれるからだ。

人はそうでも、真理である贈りものがウソをつくことはない。だからこそ、贈りものが教えた通り、救世主キリストと関係を築く道を生きるのだ!

28 そう、我が子たちよ。いつまでも彼の内に生きようじゃあないか!そうすれば、救世主キリストが再び戻る日、堂々としていられる。 29 救世主キリストはいつも正しく生きた。だから、口だけではなく、行動がともなっているのを見れば、誰が本当のイエスの従者クリスチャン なのかが分かる。

神の子かどうかは一目瞭然いちもくりょうぜん

1 目に入れても痛くないほどに、父さんは我々人間を愛してくれた。

神の子として呼ばれただけでなく、実際に子どもとして扱ってくれる。

しかし、世の中の人は、我々が神の子だとは思いもしていない。

理由は単純、彼の存在を知らないからだ。

2 愛する友よ、私たちはすでに神の子だ。我々は将来どのようになるかは知らないが、救世主キリストが戻る時、私たちが救世主キリストのようになることだけは知っている!ありのままのイエスを目の当たりにするのだ! 3 彼が白であるがために、イエスに希望を置く人は誰であれ、白になるのだ!

4 過ちを犯せば、神の掟を破る。そうだ、過ちを犯す生活習慣は、神の掟に反しているのだ。

5 救世主キリストが人間となったのは、私たちの犯した過ちを取り除くためであったことを、あなたがたは知っているだろう。 救世主キリストは何の過ちも犯さなかった。いつでも神の心に従い、まさにシミ一つ無い人生を送った。

6 救世主キリストに従って生きるなら、過ちを犯し続けはしない。犯し続けるなら、救世主キリストを本当の意味で理解できていない上、個人的な関係を築いたことがない証拠だ。

7 愛する子どもたちよ、

曲がった真理をうっかり信じることがないように。

救世主キリストはいつだって、正しいことを行った。だから、いつも救世主キリストを模範にし、正しいことを行うんだ。

8 でも、過ちを犯し続けるのなら、それは悪魔と手を組んだ証拠だ。悪魔はこの世が始まった時以来、過ちを犯し続けてきた。

この悪魔の働きに終止符をうつために神の一人子ひとりごはこの世にやって来たのだ!

9 神の子は過ちを犯し続けない。 親のDNAを受け継いだように、新たに神のDNAを受け継いだからだ。

10 だからこそ、神の子か、悪魔の子か、その人を見れば一目瞭然いちもくりょうぜんという訳だ。

やるべきことをやらず、教会の兄弟姉妹を愛さないのであれば、神の子ではない。

神の子は救世主キリストの新たな戒めを守る

11 “互いに愛さなければならない”

これは初めから教わってきたことだ。

12 カインの二の舞にならないように。彼は悪魔に属したがゆえに、弟を殺してしまった――【聖書:創世記を参照。初めの人間アダムとイヴの子ども、カインが弟アベルを殺すという人類初の殺人事件だ】

なぜ弟を殺すはめになったのか?弟アベルは正しい行いをし、兄カインは自己中な行いをしたからだ。

13 だから兄弟姉妹よ。この世の人間に嫌われたからといって驚くんじゃない。

14 互いを兄弟、姉妹として愛し合っているなら、魂が死界から生界へ、生き返った証拠だ。 愛し合えない人の魂は、残念ながらまだ死んでいる。

15 誰でもイエスの信者 クリスチャンを嫌うのなら、殺人鬼だ。言うまでもないが、殺人者に永遠の命エターナルライフはない。

16 イエスが私たちの為に命を捧げて初めて、真の愛を知ることができた。

だから、私たちも兄弟姉妹のために人生を捧げ、死んでも愛そうではないか。

17 欲しいと思うものは何でも持っているイエスの信者クリスチャンが、生活水準を下回るほど貧しい仲間を助けなければ、その人に神の愛なんてあるわけがない。

18 我が子よ、

愛は、口先だけではなく、本物でなければならない。そうだ、行動で示さない愛に価値などない! 19 行動に出て初めて神の真理に従っていることが分かる。そして、良心に恥じずに神の前に立てるのだ。

20 もし悪いことをしたと、罪悪感を感じたとしても、安心するんだ。何でも知っている神の“心”は計り知れないほど広い。

21 愛する友よ、

良心に恥じない生き方をしているなら、胸を張って神のもとへ行ける。 22 そして、私たちが神の心に従うがゆえに、求めるものは何でも与えられる!

23 神の心とは、一人子ひとりごであるイエス・救世主キリストを信じ、彼の新たな戒めどおり、愛し合う事だ。 24 この戒めに喜んで従う人は、神の中に住め、神が胸の内に住んでくれるのだ。

どうやって分かるかって?彼が与えてくれた神の霊ホーリースピリットが確信づけるからだ!

偽預言者に要注意

1 愛する友よ、

クリスチャンを語り、神の言葉だと言って曲がった真理を教えるヤカラが世に多く出回っている。人の言うことをなんでも鵜呑うのみにせず、どのスピリットからきたものかを探り、本当に神から来たことばなのかをはっきりさせるのだ。

2 神の霊ホーリースピリットから出たものかどうかを見極める方法はいたって簡単。それは、イエスが救世主キリストであり、この世に人間となって現れたことを証言するかどうかだ。

3 だが、それを認めない先生ヅラの人のことばは、神からは来ておらず、むしろ、救世主キリストの敵だ。アンチ救世主キリストが現れると聞かされていたとおり、悪魔に味方したスピリットが現れたまでだ。

4 我が子たちよ、

神側についた時点でみなさんはアンチ救世主キリストを打ち負かした。それはそうだ。あなたの内にいる神の霊ホーリースピリットは、世の中のもの、つまり悪魔とは、天地の差なのだから。

5 この世悪魔に属す者は、この世の欲望に基づいて話すがゆえに、この世の人たちは、関心を寄せる。 6 私たちは神に属す。そのために神と親しい人は、私たちのことばに耳を傾ける。

だが、神に属さない人は、耳を貸そうともしない。 これでまた、彼らが神から出たことば、つまり、真理のことばを語っているのか、それとも偽りのことばを語っているのかどうかを見分けられる。

神を愛し、互いを愛す

7 友よ、

互いに愛さなければならない!愛は神からくるからだ。互いを愛す者は誰でも神の子であり、神と親しい人間だ。

8 神は愛だ。互いに愛さない者は神を知らぬ!

9 神は、かけがえのない一人子ひとりご、イエスをこの世に送ることで私たちに対する愛を示した!

イエスを通して永遠の命エターナルライフがもらえるからだ。

10 本当の愛とは、神に対する私たちの愛ではなく、私たちに対する“神の愛”なのだ!われわれ人類の過ちをぬぐい去るために神は一人子を送りだした。

11 友よ!神はこうしてその偉大な愛を私たちに示してくれた。だからこそ、私たちも、互いに愛し合うべきだ! 12 誰も神を肉眼で見たことはない。だが、私たちが互いに愛し合うのなら、神は私たちの中に住み、一人子を送った神の愛の目的が全うされるのだ!

13 神は、私たちの心に神の霊ホーリースピリットを送ってくれた。これが神の中に生き、神も私たちの中に生きている証拠だ。

14 私たちは父さん救世主キリストとしてこの世に送った一人子を目にし、それを告げ知らせているのだ。

15 “イエスが神の一人子であることを信じている”

と自分で宣言するなら誰であれ、神の中に住んでおり、その人の中には神が住む。

16 私たちは神に与えられた愛を“知っている”だけでなく、“信頼”している。

神は愛。愛のうちに生きる者は、神のうちに生きる者。神も同じく、その者のうちに生きている。

17 神の愛を完全に受けとっているなら、最後の審判ファイナルジャッジメントの日を恐れるどころか、心待ちにできる。なぜなら、我々は救世主キリストと愛で結ばれており、この世において我々はまるでイエスのようだからだ。

18 神の愛が完全であるがゆえ、その愛あるところに恐れなし。

人が恐れを抱くのは、神に罰せられるかと、不安をいだいているからだ。神の完全な愛は、そんな恐れをぬぐい去る。恐れている人は、神の愛を理解できていない。

19 神が先に愛してくれたからこそ、私たちは神や人を愛すことができるのだ!

20 神は愛しているが、教会の兄弟姉妹は愛していないと言うのなら、その人は嘘つきだ。目に見える人間を愛せないで、見たこともない神をどうやって愛す?

21 神を愛すなら、おのずと兄弟姉妹のように教会ファミリーを愛す!

これが神の命令だ。

神の子は世に勝る

1 イエスを救世主キリストだと信じるのなら、神の子だ!

父さんを愛す人は、父さんの子たちも愛す。

2 神を愛し、また神の掟――互いを愛す――に従っているかを見れば、神の子たちを愛しているのか見分けがつく。

3 神を愛すとは、その命令――互いを愛す――に従うこと。だが、難しいことではない。 4 神の子には、世に打ち勝つだけの力が備わっているからだ。私たちの信仰は、世に打ち勝ったのだ。 5 では、誰が世に打ち勝てるのか?イエスが、神の一人子ひとりごであると心から信じている者のみだ。

神の霊ホーリースピリットと水と血が証言した救世主キリスト

6 イエスは、水と血で救世主キリストとしてやってきたことを証明した――【“水”とは、イエスが洗礼バプテスマを受けた時に神が自分の一人子だと証言した場面を表し、“血”は、イエスが十字架にかかって死んだことを表している】

そうだ、水だけでなく“血で”だ。 嘘偽りのない神の霊ホーリースピリットがそう証言している――【イエスに神の霊ホーリースピリットが入ったのは、この洗礼バプテスマの時であった。“神の霊ホーリースピリットがイエスを離れ去ったためにイエスは殺された”とデマを流す人たちがいたためにこう記したのだ】

7 イエスが神の一人子、つまり、救世主キリストであると証言するものは3つ。

8神の霊ホーリースピリット”、“水”、そして“血”だ!この3つの証言は完全に一致している。

9 私たちは、人の証言さえも信じるのだから、神の証言であればなおさら信じられるはずだ。神自身が一人子について証言したのだぞ! 

10 誰でも、神の一人子を信じる者は、神の証言を信じた者。だが、神が証言した一人子だというのに、彼を信じないのなら神を嘘つき呼ばわりしているのだ。

11 神の証言はこうだ。

――神が与えた永遠の命エターナルライフは、一人子に――

12 一人子の友は永遠の命エターナルライフを持つ。そうでないなら、永遠の命エターナルライフはない。

永遠の命エターナルライフへの確信

13 神の一人子を信じるあなたがに、このように書き送るのは、すでに永遠の命エターナルライフを得ていることを自覚してほしいからだ。

14 私たちは堂々と神に願い求め、神の求めることであれば、必ずとりあってくれる自信がある。

15 神が私たちの願いを聞き逃すことはない!だから求めるものはなんでも与えてくれると知っている。

16 もし、過ちを犯したイエスの信者クリスチャンを目撃したら、その人が赦してもらえるように祈ってあげるんだ。取り返しのつかないような過ちでなければ、神は、永遠の命エターナルライフを与えてくれる。 しかし、永遠地獄につながる過ち、つまり、救いようもない過ちのことを言っているわけではない。そんな過ちのために祈っても仕方がない――【救いようもない過ちとは、改める気がなく、意図的に過ちを犯す人のこと】

17 もちろん、すべての過ちは、罪に違いない。だが、救いようのある過ちもある。

18 神の子とされている人は、過ちを犯す習慣がなくなる。一人子が守ってくれるから悪魔は触れることもできないのだ!

19 私たちは神に属すが、この世界は悪魔の支配下だ。

20 そして、神の一人子が来てくれたおかげで、私たちは真の神を知る力が与えられた。だから今、私たちは、ただ1人の真の神であり、永遠のいのちエターナルライフである神の一人子、イエス・救世主キリストの中にいるのだ。

21 我が子よ、

神以外のものに心を奪われることがないように。

ヨハネより